CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

東へ

IMG_4306
昨日までの雨もやみ快晴の富士町!なのですが夕方から東京でお仕事があり今は熊本上空を通過中です。
今日は千代田区有楽町の交通会館で佐賀への移住促進事業のお手伝いで、移住者としてMTBと田舎暮らしを満喫してるお話をさせていただきます。
まぁ要するにめちゃくちゃ楽しんでます!って話です。笑
今夜は東京に泊まって明日戻りますが明日までCLEATはお休みです。せっかくの週末にすいません!!

チューブレス時代の必需品!

もはやチューブレスが当たり前の昨今。CLEATのライダーでもチューブ入ってるは2人くらいしか思いつかないくらい。(心当たりのあるおふたりさんとっととチューブレスにしましょう。笑)
チューブレス化のメリットについては散々お伝えしてきたので今更言うことでもないですが逆にデメリットがあるのか??ってくらい最高ですがそれでも残念ながらパンクはします。 
パンクしてしまったときにタイヤを外してチューブを入れるってのもひとつですが、両手がシーラントまみれになりその後のライドどころじゃなくなるのでここ数年は車やバイクのような打ち込み式のプラグをオススメしてます。
今日はそんなプラグのニューアイテムをご紹介!
FullSizeRender
チューブレスリムやテープ、シーラントとチューブレス関連のアイテムがウリのSTAN'SのDARTと詰め替えキット。
IMG_4283
IMG_4284
中身はこんな感じで携帯性バツグン!
これまでの商品と一番の違いはプラグそのものの形状。今までいろんなメーカーからリリースされていたのは1本の棒状のプラグでしたがこのDARTはパッチ形状でかなりの大きさの穴もバッチリ塞いでくれます!
先端が金属じゃないところもリムテープを破らなそうでいいですね。
IMG_4286
IMG_4287
本体には2回分付いてて詰め替えの方には5回分のプラグが入ってます。
使い方はこれまでのアイテムと同じ。パンクしてる場所はシーラントが漏れてるのですぐ分かります。そこにぶすっと刺して空気入れたら完了!
チューブレスはパンク修理の時間も圧倒的に短時間。

そして以前から人気だったBlackburnもリニューアル!
IMG_4282
こちらもかなりコンパクトでフレームにベルクロで巻き付けておけば携帯性はバッチリ!プラグ形状は以前のものと同じ1本の棒状のタイプです。アルミボディってのがいい感じ!
IMG_4281
更にボトルケージのマウントにCO2ボンベと一緒に取り付けられるキットも。これでウエストポーチのみで快適ライドスタイルになります!

転ばぬ先の杖として携帯しておくといざと言うとき神になれます!


※たいていの穴はいけますが岩などでのサイドカットのような大きな穴だとプラグではどうしても無理なので一応チューブも携帯しておくことをオススメします。






AMSフレームガード

大切なバイクフレームをキズから守りながらちゃっかりドレスアップもしてしまうAll Mountain Styleのフレームガードを補充しました!
IMG_4268
定番のクリアから色物まで選べます!
IMG_4269
今回は人気のマオリ柄のホワイトも入荷!
ブラックをはじめ暗色のフレームでもグラフィックがしっかり目立つのでいい感じになりますよ〜!

ぜひ!!



SMITH補充完了!

明けましておめでとうございます!!
いったいいつからいつまで正月休みだったのかはっきりしないまま新年の営業を昨日から開始しております。。笑
2020年もよろしくお願いします!

新春一発目はSMITHの話題から。
FullSizeRender
まぁよく売れます。初回分が瞬殺でしたので年末に急遽追加してました。
何度も言いますがトレイル中で普通に使用できるクロマポップレンズは最高のコストパフォーマンスです!
フレームがイケてるクリアレンズのモデルも補充してます。あとからクロマポップレンズ単体で買うとちょっと割高ですが周りのライダーとのゴーグル被りは無さそうなので自分へのお年玉にはバッチリかもですね〜!
IMG_4119
IMG_4122
今回はお客様からのオーダー品でサングラスやビーニーも取り寄せてます。有能なクロマポップレンズをトレイル以外でも使いたい方にはたまらんアイテムですね!
左の大きめなサングラスはLOWDOWN XLというフィッシングライン!!MTBももちろんですがSMITHは釣り用もかなり充実してます。僕もかけてみましたがめちゃくちゃ水中が見えて感動!
FullSizeRender
ってことでフィッシングラインのカタログも店頭にご用意。釣リートではありませんクリートです。

SMITHのアイテムは全てお取り寄せ可能なのでオフィシャルサイトでいろいろチェックしてオーダーお待ちしてます!!



至高のハードテール

IMG_4007少し前のことですが究極のハードテールをセットアップ&納車させていただきました。
フレームはTRANSITIONの29erハードテールのVANQUISH。
このVANQUISHはカーボンハードテールでとにかく超軽量かつ研究されたジオメトリーによりまるでリアサスがあるかのような乗り心地。ギャップでの抜けが良いというかスルスル進んでとにかくスムーズ。それでいてハードテールなのでプッシュがめっちゃ入ってギュンって加速します。
MTBはフルサスか?ハードテールか??なんて議論がSNSで盛り上がってますがこのフレームは両方の良いとこ取りしたその中間なのかもですね!乗るとその凄さが分かるんですが流石にこのバイクは気軽に貸してください!って言えませんね。笑
IMG_4013IMG_4014何せアッセンブルされるパーツ達が。。。
フロントフォークはROCKSHOXのPIKE ULTIMATE、前後ハブとヘッドセットはChrisKing、そしてリムはENVE M630、ステムとハンドルもENVE M35!!この時点でヤバい内容なのですが




IMG_4009IMG_4011ドライブトレインがSRAM XO1 AXS、当然シートポストもReverb AXS !!
まさに最先端のアッセンブルです。
そしてブレーキはMAGURA、ペダルはANVL TILT V3 と最近の我が社の定番。
グリップがODIからリリースされているティンカーウォーレスのシグニチャーモデルなのですが、これ結構使えそう!

とにかく至高のハードテール。
今週末のチアーズトレイルでのスクールにも登場しますので穴が空くほどジロジロ見てみてください。笑

皆さんも頑張った自分へのボーナスバイクを組んでみませんか??
もちろん至高なんてものはその人その人で違うのでいろんなアッセンブルのご相談にお答えしますよ!



卵が先か鶏が先か??

ちょっと時間が経ちましたが先々週末に山梨県の南アルプスで開催された「Soil Searching Japan 19」というイベントの中の「トレイルビルダーズサミット」に参加してきました。
IMG_3891IMG_3893元々は予定してなかったもののやはり行っておかなきゃと直前に急遽決定したので飛行機がなかなかなく今回は初の春秋エアライン。佐賀空港から成田まで7〜8000円で行けるLCCです。佐賀空港を飛び立った直後に見える有明海の海苔網が想像以上の規模。海一面の黒く見える海苔網に海苔漁のシーズンが始まったことを知ると共にこれがわが町となんか変な誇りも感じました。笑
途中九重連山が見え、懐かしい九重スキー場のゲレンデや森もはっきり見えました。ああ、ここが始まりだったと感慨深い気持ちになったりと序盤から心のトレイルはジェットコースター。
15時のフライトでしたが成田に着く頃は真っ暗。関東は夜が早いです。。そのまま京成スカイライナーで都心に向かいお世話になっている問屋さんにピックアップしてもらい都内をぐるぐる観光。憧れの自転車屋さんの前を通ったり賛否はあれど物凄いスケールの新国立競技場を見たり。この旅の宿である長野の自宅に着いたのは深夜でした。。
IMG_3907IMG_3910明けて翌日のサミットは夕方からなので清里方面までちょっと足を伸ばして「ラファスーパークロス野辺山」を見学。会場の音響はちやのきエンデューロでもお世話になっているSLmediaさん!シクロクロスの会場にダウンヒルシリーズのテントが立ってるのがなんか誇らしい。いろんな問屋さんと会うたびに「ええぇっっ!!なんでここにいるんですか!?!?」と聞かれて楽しかったです。笑 野辺山の会場は炭素繊維の匂いがしてました。

IMG_3938野辺山を出て一路南アルプスへ。
途中富士山がバッチな場所があったので記念に写真を。この辺りは富士山が見えるか見えないかで土地の価格が変わってくるそうです。何度見ても本当に美しい山で日本の誇りだと言ったら「富士山は日本のものではなくて地球のものです」とグローバルな視点で切り返されてしゅんとなりました。。それでも僕は日本の誇りだと思ってます。

会場に着くと既にサミットがはじまってて暗がりを見るとまあまあ広い会場がたくさんの人で埋め尽くされていました。
これだけたくさんの人がMTBを乗る環境に関心を持っているんだと痛感。はるばるきた甲斐がありました。



IMG_3942IMG_3943関東の人ばかりと思いきや、毎年ちやのきエンデューロに参加していただいている北海道の方や北陸の方、関西の方まで全国から集まってました。九州からは僕とタロウくん(他に参加してたらごめんなさい!)共にトレイルを作っているやはり同じ感覚を持った人たちが多かったように思えます。写真撮り損ねたのですがサミットではMTBに関わる人たちをざっくり「ライダー」「ビルダー」「ショップ」「メーカー」に分類してそれぞれの欲してるものを明記してあり、それが話をスムーズに進めることに一役買ってたと思います。一口にMTBと言ってもそれぞれの立場で欲しいものは違うし進め方も違う。僕はビルダーだしライダーでもあるけどショップ。そんな僕がライダー中心のローカルと進んでいく中で感じていたモヤモヤ(嫌とかじゃなくて)がここにある気がしました。素晴らしい環境も必要だけど食ってく為には商売もしきゃいけない。なるほど成熟したMTBの環境というものはこのサイクルがちゃんと回るということなんだと。

一通りいろんな事例報告があったのですがその中でも驚いたのがアジアの勢い。日本の方がずっとMTB後進国であることを目の当たりにして足元がぐらぐら。。でも言い換えるとこれからどうやっていくかの事例が既にあるので追従しやすいんだなと。そんなMTB乗る場所少なくてMTB売れなくてライダーも少ないMTB後進国の日本が今後進化していく中で大きな交渉力と窓口になるべく日本にIMBAのようなアンブレラ組織を立ち上げようというのが今回のサミットの狙い。

現在日本には持続可能な方法でMTBの楽しめる環境を作っている団体がたくさんあります。それぞれがその地に合ったやり方で地元に歓迎されながらディグして楽しんでいる状況です。また、そういう動きが多くなってきてこれまでMTBer側からだった行政側へのアプローチも真逆のケースも出てきました。事実僕にこの4年間ほどで3件のアプローチがありました。「何もないウチの地方でもMTBを楽しむ場所ができますか?できたらたくさん人が来ますか?」過疎化の進む山間部ではMTBがトレンドワードなのかも知れません。ただしこのアプローチはここからはるか遠い場所だらけだったので実際に動きだしには至りませんでした。遠く離れた僕にわざわざ聞きに来たりメールでコンタクトする理由は「他に知らないから」です。せっかくMTBing環境という手段を知っても問い合わせる窓口も正確なデータも存在しないのです。インターナショナルなアンブレラ組織ができるとこう言った時の適正な窓口になるし、そこに沢山のライダー、ビルダー、ショップ、メーカーが所属することで今で小さかった声が大きな声に変わり届かなかったところまでその声が届くようになる。それこそが今必要なんかじゃないのかって思いました。
もちろんこれまでやってきた自分たちの活動(販売も含めて)は継続しながらその立場を作っていくことに少しだけ力を注ぐのもこれからのMTBを楽しむことの一つではないでしょうか。
「山は誰のもの??」
先日起きた悲しい事故の心ないコメントにもやもやした人も少なくないと思います。
圧倒的な声の大きさの差をせめて無視できないレベルにしようよ!って試みが始まろうとしてます。
いろんなスタイルがあっていいし、これって正解もないと思います。いろんなローカルがそれぞれのやり方で同じゴールを目指している時からこそそれを大きく内包する傘が必要なんでしょうね!
僕は賛成です!微力ながらお手伝いをしていこうと思ってます。
MTBは最高ですからね!!

戻ってきたからそんな思いが頭をぐるぐるしてます。
終わった直後よりその後に症状が出てくるむち打ち事故のような衝撃的なイベントでした。

あ、マットハンターにも会えました!笑
僕のサイン入りのDVD(Follow me)持ってる人返してください。。

IMG_3944IMG_3947IMG_3948IMG_3950

フラットペダルの王様

IMG_4028
店頭のペダルでほぼこれしか動いてないと言っても過言ではないANVLのTILT V3ペダルがまた入荷!!
とにかく使用感が半端なく良い!
これまでいろんなペダルを販売(もちろん全て使用)してきましたが大袈裟じゃなくこれに勝るフラットペダルは現段階で存在してないと思います。
ANVLだからって贔屓でもないですよ!笑

大きさ、暑さ、重量、形状などパーフェクト!!
一度使うとこれ以外にはなかなか変えられません。
CLEATのライダーが異常なほど使用率高いのはみんな使って納得してるからです。もちろん我が社の試乗車のPATROL CARBONにも使用してますのでぜひ試乗してみてください。

更に発色も素晴らしい。価格も@12,500(税抜)と良心的!
ANVLブランドなのでどのバイクブランドでも抵抗なく使用できますよね。
 
たくさんあっても瞬殺で売れていくペダルなのでお早めに〜!!

今週末はお休みです!

IMG_2781

今日は太陽が顔を見せてくれなくて一日中寒い富士町です。。
ストーブ点けて店にこもって終日作業でした。

さて、今週末は山梨県の南アルプスで開催される「トレイルビルダーズサミット」というイベントに参加の為ショップはお休みさせていただきます。
全国のMTBの環境づくりをしている団体やライダーなんかが一同に集まる場なのでいろんな情報を持って帰って僕らのフィールドにも活かせるようにしますね〜!

週明け戻ってそのまま別の所に行かなきゃ行けないので営業再開は27日からになります。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします!


SMITHスペアレンズ

スクリーンショット 2019-11-21 19.04.10昨日のSMITHゴーグルの投稿に質問が何件かあったので補足を。皆さん興味あるんですね〜
スペアレンズは画像のバリエーション。クリア以外は全てクロマポップレンズになります。機能性などの詳しい内容はSMITHジャパンのオフィシャルサイトでチェックしてみてください。
レンズ単体だと割と値が張るので割高にはなりますがクリアレンズのモデルを買ってレンズを変えて自分なりのパターンを楽しむ手もありますね。
ヘルメットやサングラスなんかももちろんオーダーOK!
皆さんのオーダーどしどしお待ちしてます〜!!

ちなみに現在オーダー入っているのはやはり全てクロマポップレンズのモデルです。皆さん買い物上手。笑

SMITH

スクリーンショット 2019-11-20 22.19.15長らくお待たせしました。
CLEATでもSMITHが取り扱い開始です!!
76602131_2684323814958092_2548341101878575104_n
九州だと吉無田のようなオープンエリア以外はクリアレンズってのが定番ですがSMITHのクロマポップレンズならご覧のライダーのようにトレイルでもいけちゃいます!
明暗の差が緩和されるので日陰と日向が交互する場所でも目がチカチカせずライドに集中できます。
なにせかっこいい。笑

一部のアイテムは来年になってしまいますがほとんどが即納可能です。
画像の中から選んでどしどしオーダーお待ちしてます〜

PC海老原弘志
THXカニ岡
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
移転しました!!
↓↓↓↓
佐賀県佐賀市富士町古湯3132−2
TEL 0952−58−3038

お越しの際はGoogleMapで「CLEAT」と検索お願いします!
カーナビなどの住所入力だととんでもない山奥に案内されることが多発してます。笑


いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ