CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

旅の相棒

毎年全国津々浦々の会場へかなりの距離を動き回ってるCLEATです。
いつもは高速道路の住人ですが今年はなんだか飛行機移動が多い。歳出すかね、、笑
で、ゴロゴロのキャリーバッグを使うのですがいつも使っているDAKINEのキャリーバッグがちょっと大きい。機内持ち込みギリギリで断られたりしてかなり焦ったこともあり前々から気になってたアイテムを入れてみました。
IMG_6657IMG_6658みんな大好きTroyLeeDesignsのゴロゴロです。サイズは機内持ち込みサイズギリギリってとこで多分断れないと思います。
ちょっと派手だけど預けてもターンテーブルですぐ分かります。ってかトロイのキャリーバッグなんて使ってる人いないし。笑
ホイール(っていうの?)は固定が2個のみなので横移動ができないけどこのサイズならホイッと抱えられるから問題ないでしょう。

IMG_6659IMG_6660中はしっかり広く2泊3日くらいなら余裕だと思います。
メインコンパートメントのサイドに透明のポケットが2箇所あってゴソゴソ探さなくていいのが嬉しい。意外としっかりした作りなので使用頻度がそんなにない僕みたいなタイプならばずっと使えそうですね。第一TroyLeeDesignsってのが遊びじゃなく仕事でもテンション上がります!こいつ普段はモトクロスかMTB乗ってんだな?って語らずとも主張してくれますし。笑

IMG_6661トロイだし物も大きいので高いんじゃないの?ってのは誰しもが思うところでしょうけどこのキャリーバッグはなんと16900円!!(税抜き)
そりゃノーブランドの物ならば1万も出せば立派なものが手に入りますがテンションは上がりませんよね!でも旅のテンションをぐっと上げてくれるけど財布のテンションを下げまくっては旅どころじゃないので価格は抑えたいところ。その辺りにバチっとはまるキャリーバッグですね。
店頭に置いてるので実物見てみてください!

備えあれば…

トレイル走っててパンクしたらテンション下がりますよね、、修理中はアイドルの握手会の如く蚊、ブヨ、アブに大人気になるし。。
今やほとんどの方がチューブレスの時代だけにシーラントまみれにもなるし。
でもそんなチューブレスタイヤのパンクに強い味方が入荷しました!
サムライソード。
申し訳ないけど名前は笑えます。笑
でもちゃんとしてるっていうか割と救世主になるんじゃないかなと。
内容はいたってシンプル。
真ん中のリーマーでパンクで開いたタイヤの穴のをグリグリして上のプラグを下のソードでタイヤにぶっ刺して余分なプラグをカットして終了。あとは空気を入れればまたチューブレスでライド続行できます。
なら車とかバイクのパンク終了キットでいいやんとか思うでしょ?
でもこれハンドルのバーエンドになってるんです!
最近のトップクラスのエンデューロスタイルはバックパックなし。ヘルメットも軽量なエンデューロ用のフルフェイスがリリースされてるし、工具だってフォークのステ管やクランクの穴に収納可能になってたりカーボンのフレームそのものに補給食なんかを入れる小物入れが付いたりと、とにかく身軽にしてSSをより速く走る事に徹するようになってきましたのでこんな感じでバーエンドに収まるパンク修理キットが出ることも納得ですね。
もちろんバーエンドに入らなくてもバッグを背負ってる方はその中に入れておくだけであのシーラントまみれのチューブ入れる作業から解放されて便利ですよ!
チューブレスの方はぜひ持っててください。

ただし、先端が尖ったツールなので作業中にリムテープにぽつっと穴を開けてしまえばまたシーラントまみれのブヨ蚊握手会のはじあまりですので作業は慎重に!笑

なんか他のブランドからもっと進化したのが発売されそうな予感もしますが…

2018 GIANT 展示会

一昨日の水曜日は定休日を使ってGIANTの2018モデル展示会に行ってきました!
いつもは東京、大阪の2会場ですが今年は横浜のみ。。かなり悩みましたが昨年好調だっただけに外せないと判断してギリギリで弾丸ツアー決定、人生初の横浜へいざ飛び立ったのでした。
IMG_6577何と言ってもこれです!この為飛行機代払ったと言っても過言ではない鉄板モデル「FATHOM1」。昨年かなり販売しましたがたった1日も店頭在庫がなかった、つまり全て入荷前にご成約いただいてた近年では奇跡のモデル。
もし今年やめちゃってたら・・・なんて不安もあり会場に入ったら真っ先にこれを探し見つけた時は心底ホッとしました。笑
どんなアップグレードなのかそれこそ穴が開くほどガン見してきましたよ!

IMG_6579IMG_6578とりあえずフレームはカラー変更のみ(好きか嫌いかは別として)。ジオメトリーもそのまま。そしてリアエンドも135mmQR。。フォークもブレーキも同じ(左前で出荷も)。まぁいいじゃないですか初めての1台ですから。
ざっくり変更点はまずドライブトレインが同じ11速のSLXですが11-42Tから11-46Tへワイド化されてます。それからこれは結構嬉しいステム長!ちょっと長かった昨年から50mm(XSサイズは40mm)になり後から交換するパーツが一つ減ってます。
IMG_6581それとタイヤですが昨年はホイールのみチューブレスレディだったのに対して今期はタイヤもチューブレスレディ!シーラントが付属してきますので店頭で補充してチューブレスでのお渡しになります!

こんな感じの主要なグレードアップがなされたFATHOM1ですが価格も少しグレードアップ。。
でも最初の1台でここまでしっかりしたものはやはり他にはないと思うので今期もCLEATはFATHOM1をガンガン推していきます!!


IMG_6580ちなみに1があんなに売れたのに(CLEATでは)1台も売れなかった2はこんな感じです。
今期もやはり1ばっかりの予感。。。









IMG_6582IMG_6585IMG_6583IMG_6584IMG_6588IMG_6590IMG_6591IMG_6594IMG_6595急激に端折った感じになりますがオールニューのREIGN ADVANCED 1(グリーン)とREIGN2(ブルー)です。
コースの激化が進みどんどん進化している現代のエンデューロシーンで必須であるBoost規格、そしてフォアードジオメトリー、さらに昨年同様トラニオンマウントのリアショック。どちらのモデルもアッパーリンクはカーボン。ADVANCED1とREIGN2のフレームは前側のみがカーボンかアルミかの違いになります。
REIGNよりストロークが短く(といってもフロント150、リア140と「長め」)トレイル向きなTRANCEも前三角カーボンのADVANCEDと共にBoost規格になり横剛性の大幅アップになりました。1台のMTBで色々楽しみたいならば迷わずTRANCEですね!
ゲレンデがなくどちらかというとハードな下り系トレイルが多い九州ではダウンヒルバイクの出番よりはるかにこっち系の方が使い勝手がよく、人気もあるので要注目です!

滅多に売れないロードバイクも今回はちゃんと見ました!写真は1枚も撮ってませんが。。笑
もちろん他にも色々見てきましたのでカタログ見ながら店頭で聞いてみてください!

ありがとうございました!!

EDGE0276_0820先週末は記念すべき第1回ちやのきエンデューロでした。
参加の皆様本当にお疲れ様でした!!
20日の本戦は雨予報だったのに見事晴れ!!参加者の中に超絶な晴れ男(女?)がいたのかちょっと晴れすぎて気温上がりましたが2日間通して一滴の雨も降らず最高の天気の中、全国から集まった70名のライダーが地獄のようなリエゾンと天国のようなSSを走り抜きマウンテンバイクを腹一杯楽しんでもらえたのではないでしょうか。

IMG_2972IMG_3013このイベントを作り上げて行く上で一番大切にしたのが「アットホームさ」としのごの言わせない「完全に正確な計測」。
アットホームさはたとえ隠しても無理でしたね。笑 地元苣木の皆さんが本当に笑顔で協力していただけたことは、このイベントの空気をこの上なくあたたかくてハッピーなものに仕上げてくれた最大要因だったと思います。
正確な計測に関しては遠く大阪からプロを召喚し、全員のスタートタイムが事前に割り振られスターター機と光電管というしのごの言わせない1000分の1までのバシッとしたタイムが即座に出せたことはゆるい空気と張り詰めた勝負という難しいミッションを完遂する為に必須だったと思います。

予想を大きく上回る参加ライダーが集まってくれたこと、そして皆さんに僕らの極上のトレイルを堪能してもらえたことはこのイベントを開催してよかったと心から思える要因でしたが、何より参加者の方々にここでのMTBerと地域の方々との関係を口にせずとも伝えることができて本当に嬉しかったです。
もう何年も前のことですが前々自治会長が何かのときの挨拶で言われたのが
「限界集落であるこの苣木は早かれ遅かれいずれ行政区分としては消滅するでしょう。しかしいくら行政区分として消滅してもそんな区分などない人の心にはずっと残っていけるように一人でも多くの方にこの苣木を知って楽しんでもらいたい」(もちろん意訳してます。本当に言われた通りに書いたらほぼ外国語ですから。笑)この言葉は当時僕の心に深く刺さりそれが僕の原動力になっているような気がします。
佐賀県内、もしかすると佐賀市内の方でも「苣木(ちやのき)」という地名は馴染みない方もいるとは思いますが日本の一部のMTBerの心には「佐賀県のMTB=ちやのき」って記憶が強烈にインプットされたのではないでしょうか。

edge_1319_0820このイベントを影で支えてくれたスタッフの皆さん。感謝の言葉しかありません。一人でも欠員が出たらこのミッションは不可能だったと思います。それぐらい各自の担当が自分の役割をこなし、他のサポートに当たってくれたことを感謝します。
そして地元の皆さん、参加ライダーもみんな「ちやのきエンデューロ」のサポートメンバーです。


イベント終了からまだ3日ですが早速来年の「ちやのきエンデューロ」の準備が始まってます。
またあの地でさらにパワーアップしたSSが皆さんのお帰りを待ってます。地獄のリエゾンに備えて1年間体力をつけててくださいね。笑
それまででもまたMTBを持って遊びに来られることを僕らも地域の方々も心から望んでます。
これからも「ちやのき」をよろしくお願いします!!

田舎の美味しい空気を吸って、腹一杯MTB乗って、ゆっくり温泉入って締める休日をCLEATはこれからも提案していきます!

ありがとうございました!!

尚、大会の様子を収めた写真をFacebookの「福岡マウンテンバイク友の会」ページにアップしております。かなりの枚数だし数人のカメラのデータをだだアップですので順番もバラバラです。晩酌しながらお気に入りの一枚を探してみてください。

やります!って言うのが遅すぎました。。

告知解禁で一斉にってのもなんだしちょっと間を置いてからお知らせする予定でした。
ff84cc1c3453ee2cfe6761acf45e6de7-e1499154673458すでにどこそこで情報出てますし、今更感否めないのですが8月19、20でエンデューロレースをやります!
リエゾンはアスファルトがメインですがSS1と2はどちらも標高差があるハイスピードでガチなシングルトラック。SS3は何度かご紹介しているチアーズトレイルを使用します。どこも個性あるSSでバイク選びも楽しみの一つですね!
ざっとですがローカルメンバーがブログで紹介しているのでチェックしてみてください。
19日には大会会場のすぐ近くの古湯温泉で前夜祭も開催されて2日間乗りまくって飲みまくって思いっきり楽しめると思います!!

っとここまで紹介してといて本当に申し訳ないのですが既に募集定員に達して受付終了してます。。
来年もこの時期にやりますので今回出られずに残念な思いをされた方は速攻でエントリーしてくださいね。

エントリーはできませんが観戦は可能なのでぜひ遊びに来てください!迫力ありますよ!!

ドタバタウィーク。。

戻って1週間が経ちますが全日本選手権お疲れ様でした!
とにかく遠征前から帰福後もめまぐるしい日々でレポートも何もできなかったんですが、溜め込んだものを少しでもアウトプットしないとまた僕の永遠のメモリーにしかならないので。。

IMG_5964IMG_5966遠征前にも書いたように今回は飛行機遠征。いつもより少し早めに閉店して一旦帰宅、お風呂入ってからぼちぼち空港に行きハンドキャリー分の工具満載のクッソ重たい荷物をカウンターに預けて(600gオーバーでしたがスマイルでクリア)フライトまでの時間に軽く一杯ひっかけて搭乗。定刻に羽田に着いて外に出ると見覚えあるいつものポンコツサーフがハザード付けて待ってるという車以外はVIPな遠征。この時点で先に陸路で出ていたClick八幡の皆さんをどーんと追い越しなんとも申し訳ないやら気持ち良いやら。。今回はハンドキャリーでは到底無理なスペアパーツ類や大工具をClick八幡さんに運んでもらえたので本当に助かりました。
IMG_5967IMG_5975一旦東京の端っこ東久留米のライダー宅で寝て早朝に富士見に向け出発。全日本選手権の本戦前に高速道路上で突然始まる全日本フィジカルダウンヒル選手権でピットイン。かなり焦っていたようですがなんとかメンテナンス終えて7時には富士見に到着。年間何回も見ますが相変わらずパノラマの駐車場から見る八ヶ岳は最高です。

IMG_5978IMG_5979決勝時に降るという予報に怯えつつも(何せ降ると作業が一気に何倍にも増えますので、、)なんとか前日、当日共にドライコンディションでレース終了。結果はJCFのサイトでもチャックしてみてください。予選30位でギリギリ通過した兼岡選手が(しかもプロテクトの選手が居たので彼が通ってたら不通過だった笑)決勝第1走者で下りてきてホットシートを守るたびにだんだん周囲から「おお〜!」って声が出てきて結局一番仲良しのライダーに交代させられるってのが今回の面白ポイントでした。笑 東京でたくさんのお友達ができてて親のような嬉しさでした。。
今回もクラッシュからの補修、交換、そして謎のメカトラブルなど2日間みっちり作業でした。その為に行ってるので来てて良かった〜と思うシーンばかり。
で、表彰式終わってすぐ来ましたバケツをひっくり返したような豪雨。。ホントにレース中じゃなくてよかった。。

IMG_5984今回はすぐに東京に戻らないといけなかったので自分の荷物だけササっと片付けて富士見を出発。新しく綺麗になった小渕沢駅から特急あずさで新宿まで2時時間弱。まだ明るいうちに渋谷の宿にチェックインしてこの日は高校時代からの友達と飲み会。なんとも奇遇なものでこの日は銀座でも高校時代の同級生が集まって飲んでるってことでしたが古い友との時間でいっぱいいっぱい。彼との再会は手が折れるほどの握手と窒息するほどのハグから始まり深夜遅くまで語り合いました。すっかり有名人になったけど中身は何一つ変わらず面白い男でした。
翌日昼ごろの飛行機で戻ってなんとなく仕事して夜はまた飲み会。。。
IMG_5990CLEATのMTB夜明け時代からずっとお世話になってた人が数年ぶりに九州にやってくるってことで熊本からも集まり鶏皮食ってラーソーメン食べて。木曜日夜から連続で飲み続けたフィナーレに多力も限界、家にたどり着く前に店の床で朝まで寝てました。まさかここからあと2日続くとは考えても居ませんでした。。


とまぁ仕事のスケジュールギチギチかつよく飲んだ1週間でした。
昨日のトレイルメンテも済んでようやく今日から通常営業。ぼちぼち溜まった入荷ネタなんかもアップしていきますのでよろしくお願いします!!



今年も全日本選手権です!

お久しぶりです。
ちゃんと生きてますよ。。

さて久しぶりの更新でいきなりまた不在のお知らせで本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが今夜から全日本選手権にメカニックサポートの為21~23日の店舗営業はお休みします。
今回タロウくんは前のりで既に富士見入りしてて本村くんがキャンセルなので僕一人です。なので車でのロングドライブではなく飛行機で東京入りして長野へ向かいます。
空港でチェックイン済ませたら生ビール飲みます。
さて、今年の全日本選手権はどんなドラマが待っているんでしょうか??
とりあえず会場入りしたら速攻でホイールを組まなきゃいけないんですけど、、
男子エリートの
・浦上太郎
・兼岡邦旭
・栗瀬裕太
以上3名の応援よろしくお願いします!!

現地ブースエリアマップの62番がCLEATです。隣は同じく福岡からエントリーのクリック八幡さん、向かいはこれまた福岡市内の正屋さんというなかなか近年なかった展開でワクワクです!

現地に行かれる方はぜひよろしくお願いします!!

さて、フライトの時間も近づいて来たので閉店します。
現地からのレポートは、、、できたらします。笑

DAKINEの季節

毎年恒例になりつつあるDAKINEフェアが始まります!
MTBバックパックはフルラインナップです!にしても雑然としてますね、、笑
有名ですがDAKINEのMTBバックパックにはハイドレーションパックが付属してます。しかも最も性能良いハイドラパック社のもの!単体で買ったら6000円にくらいするので絶対にお得です。開口部もスライド式で大きく開くのでとにかく中がしっかり洗えます。ライド後に中身を入れっぱなしにして数日後に中がエライことになって捨ててしまうってことにはなりません!笑
今期のDRAFTER18L(以前のNOMAD。ダントツ人気のサイズ)はかなり進化しててハイドレーションパックが同じ3リットルでも横長になり水を入れた時の重心が下に来るようになってます。背面のメッシュパネルもこのサイズで採用され、背負ったときに背中とバックの間に大きな隙間ができて背中の蒸れも軽減されます。
他のモデルも毎年ワクワクするギミックの追加があって迷ってしまいます。
地味に人気のあるウエストポーチもハイドレーション付きのモデルと無しのモデルの両方あります。
滅多にお目にかかれないビルダーズパックも。ご存知ない方の為にご説明するとこのビルダーズパックはトレイルビルドする方専用のバックパックでチェーンソーを目的地まで安全に運べます。これは実にありがたいことでチェーンソーって本当に運びにくいんです。ベルト掛けて運んでますがズレるので誰かにその他の荷物をお願いしなきゃいけません。もちろんチェーンソー使うからには燃料やチェーンソーオイルなども収納できるようになってますし、ツルハシや前かきなどの長柄の付いたツールも刺せるようにできてます。正にトレイルビルディングにぴったり!なのですがそれ以外に使えるかと言うと…(^^;;
僕はトレイルビルディング以外にも薪集めで山に入るので持ってると出番は多そうです。薪集めとトレイルビルディングする方はぜひ!笑
その他にプロテクター類もどっさりあります!

全てのモデルを手に取って比較できる機会はなかなかないので一度見に来られて下さい〜!!

SRAMハブという選択肢


 SRAMのBOOSTハブが入荷!

フロントは新しいフォークに対応するトルクキャップ。広い面積で受けるて剛性アップです。

ハブ単体の重量もフロント150g、リア290g(両方とも実測です)とシールドベアリング使用としはかなり軽量です。

お値段も前後で4万ジャストなのでハイエンドとシマノの中間になる1番手が出しやすくて具合いいハブの選択肢になるんじゃないでしょうか?

BOOST規格のハブのチョイスでお悩みの方は是非候補に入れてみて下さい!

ちなみにROCKSHOXのBOOST規格フォークはこんな感じでトルクキャップ仕様になります。普通のハブを使うとちょっと前のダウンヒルバイクのリヤみたいに「穴探し」になります。笑

ついに登場!!

トレイルをお借りしている地域のボランティア活動やコース造り、春の吉無田などイベントだらけですっかりご無沙汰しております。。超絶バタバタの毎日を送ってるCLEAT本人です。
昨年で惜しまれつつ廃盤となってしまったTRANSITIONのハードテールフレームTransAM。(ちなみにCLEATにはまだ3本あります!)TRANSITIONはもうハードテールやめちゃったの??とがっかりしていましたが先日ビッグニュースが!!
2018のラインナップとして新しくTHROTTLEとVANQUISHが登場しました!!
Bike2017_Main_Throttle_HighRes27.5でトレイルからダートジャンプという僕らにドンピシャなTHROTTLE。リアセンターは420mmと懐かしいChargeBikeのBLENDERと同じ長さ、それも27.5インチですのでかなり詰め詰めです。そしてこの手のフレームでは珍しくカーボンです!こんな面白そうなバイクに僕が乗らない訳にはいきません。早速オーダーしてます。笑Bike2017_Frame_Throttle_2マスタード、ロウと両方入荷しますのでお楽しみに!!



Bike2017_Main_Vanquish_HighRes一方29でXC~トレイルというこれまたこの辺で遊ぶ方には的の広いフレームがVANQUISH。笑うな。たぶん買ってくれるでしょう。。
なんとこちらもリアセンターは420mm。のんびりさせてくれませんね。笑 でも大きな径のホイールと俊敏性の合体はかなり魅力的ですね!


どちらのフレームもBOOST規格でインターナルドロッパー対応としっかりトレンドを押さえてきてます。カーボンなので価格はそれなりにしますが(税抜き230,000円)発表後問い合わせガンガン来てます!初回分は4月末までのオーダーで5月末の入荷予定です。つまり今シーズン序盤から遊べるってことです。さてどんな仕様で組むか楽しみですが金策もしないと。。
気になることはなんでもお気軽にお尋ねくださいね〜


Transition Carbon Hardtails from Transition Bikes on Vimeo.




CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ