5/30(木)の夜に出発、翌日の公式練習、その翌日が本番、その翌日がお楽しみライド、そして今朝3:30に無事帰宅しました。

レースに関してはもう既にあちこちであがっているので、そちらを見ていただけると早いかと。
55とにかくタロウ君4位おめでとう!!本当にすごい事です。また彼のメカであることを誇りに思います。予選のスプリットタイムから決勝の確実な伸びしろを感じましたが(笑)ここまで伸びるとは。。。念願の新しいズボンも手に入れたので次回も暴れまわって欲しいです。
決勝のランで彼がテーブルで鬼スクラブ入れてたって聞きましたがどなたかその写真とかお持ちじゃないですか??無理やりサインさせて読者プレゼントにします。

しかしこの画、一昨年の世代交代劇を彷彿とさせる表彰台ですね。ベテラン勢もこのまま放っておくはずもないので今後がまた楽しみです。

そして気になる本村くんも予選14位と好調でしたが決勝はクラッシュで撃沈でした。。。しかしこれにはわけがあるのです。僕が一緒にレースに行き始めて前回の箱館山が初決勝クラッシュ。そして今回と一見コケ続きですが「コケずにまとめる走り」から今シーズンは「結果を恐れず攻める走り」に変えたことを物語っており、40歳にして更なるステージへ登り始めたことの何よりもの証明なのです。同じ九州同士のトップレーサーの二人がニコニコしながらジリジリと火花を散らす様は会場にいないと分かりません。(←だいぶ盛ってます、、笑)


あとエキスパート上位のカネ、ブリの火花も毎回見ものです。
特に前回2位でフィニッシュしてエキスパートランキングトップのカネ、プレッシャーが初日から彼を丸呑みにして焦りからか気合が空回り、何度もクラッシュしては身体に傷を作り心身共にボロ雑巾の状態。
寝る反るそしてこちらは元祖ボロ雑巾の彼。今回も大地のエネルギーを直接取り込む地べた回復法を実践。その結果9位と前回よりも5位ランキングアップに成功!
コケすぎたカネも本人の悔しさとは裏腹にエキパ5位とエリートでも30位に入る好成績でフィニッシュ!まぁ確かに悔しいだろうけどシングルクラウンのフリーライドバイクと考えると恐ろしい成績です。二人ともよう頑張った!!

あとスポーツクラスのMr.フー・アイ・アム芋島パイセンですが、今回ダウンヒルレースよりも超絶な技術を持っていることが判明。今後はそちらの世界での活躍を期待します。あと2年ぶり富士見にブブゼラブームが来ることはなかったね、、、とは言えMTBをはじめて半年弱とは思えない攻めっぷり!FKDと同じくらいMTBも研究して下さい。

そして総監督の寺さん!今回も行き帰りノルマ完全オーバーのロングドライブでお疲れなのにマスターズ入賞!!あなたがいる限り年齢による言い訳は一生使えません。。いつも本当にありがとうございます!!


と何時間もかけて書いてもこのぐらいなのですが、実際はこの100倍いろいろあって1000倍楽しいと思っていただけると伝わりやすいです。

最後は思い出に残ったショットの数々で、、、、
34-133-1














1137-2














4656-2














寝るスタンド
数時間後には・・・

3647グニャグニャ。。。













また行きましょう!!
参加してみたい方も常時募集中ですよ!!