以前からも取り扱いがあった老舗ブランド「GIRO」。実はこの度本国の資本が変わったことで日本国内の取り扱いも違う問屋さんになりました。
どうしようかな〜って悩んでたんですが、現状CLEATの店頭で最も力を入れているヘルメットと言えばもちろん「TroyLeeDesigns」そして「BELL」。ただしこの2社は頭の形状が欧米人型の縦長にできているので典型的な日本人型の横長の方には耳の上あたりが当たって痛かったりそもそも全く入らない人がいたり。そんな横鉢さんは「OGK」で対応してきました。OGKのフィッテイングは本当に素晴らしいです。が、形がカッコいいかはまた別問題でして。
で、悩んだ末に「GIRO」のディーラーになることにしました。
GIROっていったらもちろんヘルメットですが最近はシューズも超人気ですしグローブなんかもあります。
先行して入荷したのはヘルメット!もちろんMTBトレイルライドにぴったりなアイテムです。

01f26ed8532340a898698c2329c50fb77e5bc9a2f00196f567af3b74e152aaddbce477fd815642522d65なんといってもトレイルライド用のヘルメットのフラッグシップはこの「MONTARO」。意味は分かりませんが工具なんかを即日で送ってくれるアレとは違って安くはないです。。フラッグシップもでるですからね。
スリムでなんというか「シュッとしてる」感じでかなり形はカッコいいです!!
縁部分の切り返しもカッコいい!何度も言ってますが僕はマットブラックとグロスブラックの組み合わせには本当に心踊ります。

011a1517472335a7a2336f470f99b53bac5c11670801ae77d4fc7d814be5b71b612ace3c84da39e21e1e










サイドから見ると更に心踊る人が増える感じ。指紋拭いておかなかったことが悔やまれます、、笑 BELLのSUPERと同じかそれ以上にバイザーが長くて他社にありがちなヒヨコ感がありません。バイザーの角度変更も工具なしで簡単。この感じはたぶん転倒時にグリッて動いて破損防いでくれそうです。
GoPro用の取り外し可能なマウントも付属。この辺は現代のヘルメットにおいてはマストでしょうね。
そして後頭部の左に誇らしげに貼ってるのが「Mips」のステッカー。
01d5fc50b09eb89e4ceb1c67418b43b778c110f1b8「Mips」に関しては昨年あたりから多くのブランドで採用されているのでご存じとは思いますが、ヘルメットの外側である帽体と頭にフィットしているインナーの間に「滑り面」をつくることで転倒時に頭にかかる回転方向の衝撃と速度を抑え、脳組織へのダメージを軽減させるという科学に基づくこれからの安全装備です。狙ってズレさせることでヘルメットの中の頭が急停止することを防いでくれます。今後はもっとたくさんのブランドで採用されていくでしょうね。


01cf8d02dc05cbbcbfb4a26bb79af21ca4a45979d001cd6d440b95e92ab6db8ec8fe97944d30f4dfd475









0189fefece71347de668159aa310e2db61645b050e今回入荷カラーは最初のマットブラックxグロスブラックとマットブラックxライムxオレンジ、シアンxライムの3種のM、Lサイズ。
ちなみにBELLのSUPER、TLDのA1がLサイズの僕はMONTAROもLサイズです。しかしながらそのフィット感はどれよりも上!OGKに肉薄するほどのシンデレラフィット。実は前2社はちょっと中をいじらないと上手くフィットしなかったんですがこれはつるしの状態でばっちりなのです。D3が普通に被れる方ならこれは素晴らしいと感じるはずです!!

015f9b408e8f11d1cdb486ad3b9b9cd8c73aab738301f5000bf3b32e90e64507a2563290c9e4eb7325ca










過去何度か入荷した「FEATURE」も入ってます。
こちらはバイザーが短く若干ヒヨコ感があるものの、Mipsがないのでその分中が広く、OGKのFR8以外に選択肢がなかった方への救世主としてこれからも活躍してくれるでしょう。

店頭でぜひ試着してみてください!!