MTBのフロントシングル化はもはやド定番になり、たまにフロントダブルなんか見かけると子供の頃遊んでたおもちゃを実家の倉庫で発見したときのような気持ちになります。笑
そもそもフロントシングル化を可能にした2つのイノベーションである「ナローワイドギヤ(メーカーによって呼称は違います)」とリアディレイラーのテンション構造。この外れにくいギヤ板と外れにくいテンションによって結果「チェーンがフロントチェーンリングから外れにくい」変速が可能になったわけです。変速というメカニズムはある意味コントロールされたチェーン外れなのでフロントは外れにくく、リアは外れ易い(変速しやすい)両者を同時に達成してきたコンポーネントメーカーの努力は素晴らしいですね。

ただしあくまでも「外れにくい」なのです。

普段山で乗ってても全く外れないのにレースに出たらここ一番のときに外れた。最初の頃は全然外れなかったのに最近よく外れる。チェーンの消耗が激しい気がする。など良いことばかりのイメージのフロントシングルにもウィークポイントはあり、その結果チェーンが外れます。あっさりペロンと。ホントあっさりです。
そんなことに備えてCLEATではアッパーのみのチェーンガイドをオススメしてます。RockyMountainやEVILなどのエンデューロモデルには標準装備されているほど効果はあります。
チェーンガイドをつけると抵抗になりそうというイメージを持たれている方もいらっしゃるとは思いますが、アッパーガイドは基本的にどのシフトポジションでもチェーンに触れてませんので全く抵抗になりません。抵抗になっていたのはローラーやプーリータイプのテンショナーです。
チェーン外れないし、抵抗ないし、最近はタコ(下側のギヤ板保護ガード)付きもあるしでMTBフロントシングルとチェーンガイドはセットという考え方で間違いないと思いますよ!
IMG_8912IMG_8893
ISCGマウントだけでなくEタイプも入荷してきました!
フロントシングルをご検討中の方や既にシングル化した方もご相談お待ちしております!