CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

NEW ARRIVAL

2018 FOX

ウェアの方もご紹介したいところですが今日はサスペンションの方のFOXです。
ちょっと前にも入荷ありましたがブログでは触れてなかったのでご紹介しますね。 
ダンパーもオイルが変更になったりシムスタックも新しくなりダンパーの効き方がよりスムーズに滑らかに移行するようになってますが、エアスプリングサイドもEVOL化され容量が増して感度がアップされてます。
そしてもはやこちらもスタンダードになる事を避けられない感じのBoost規格。ほとんどのメーカーの2018モデルは前後ともこのBoostになってきてますね。横剛性アップしてますますフレームのリンク周りに負担かかりますがその辺りもちゃんと見越して今のフレームはできてますので心配はお財布だけで良さそうです。笑
リアユニットは見た目は昨年と同じですが内部構造が新しいX2 2ポジションが来ました。
後半が鬼ペダリーでテクニックとアスリートレベルの両方が試された先日のケアンズでの世界選手権でもコイル版(リモートが多かったですね)がかなりの装着率だった2ポジション仕様のコンプレッションダンパー。通常のハイ、ロースピードコンプとハイ、ロースピードリバウンドで下りのセッティングはこれまで同様かなり細かく詰めれます。更にレバー1つで登り〜ペダル用のセッティングに変更、下りに入るときはレバーを戻せば元に戻るという優れもの。ホームトレイルの漕ぎ上がりも楽になるし、エンデューロなんかにもバッチリなリアユニットです!
たまに聞かれる事がある各モデルのカシマコートのトーンの差ですが今はこんな感じです。
当然理由あってこうなってるんですがこうやって見てみると結構違うものなんです。ちなみにフォークのブレーズの上に乗っかってるリングはSDGのグリップのロックリング(カラー名はKash Money。カッシュマネー。カッシマネー。カッシマ。。笑)。どうやらフォーク、ドロッパーとリアユニットの中間のようですね。笑  カラー合わせがお好きな方は参考にされてください。

以上、市内のFOXショップさんに怒られませんように…笑

今どきのスタンダード

CLEATでもっとも多いトレイル〜エンデューロバイクに必須とも言えるドロッパーポスト。
ところが現在マウンテンバイクには数種類のピラー径(ポスト径)が存在する為フレームを交換する際にそれまで使っていたシートピラーが次のフレームに入らない場合もしばしば。
安いシートピラーなら買い直す事も検討できますがThomsonなら1万円、ましてやドロッパーポストとなると3万円以上はかかってしまいフレーム交換の大きな障壁となってしまうんです。
そこで…
シートポストシムという救世主がいます!
これまでも何回かご紹介してきましたが余りにも皆さん使用されるのでドバッと取り寄せました。
これで30.9から31.6に変換できるのでとりあえずドロッパーやピラーは30.9を買っておけばどちらにも対応できますのでフレームチェンジの壁はブレイクスルーです。
価格も800円弱(°_°)
全く商売あがったりです。。笑

さぁこれで壁は無くなったのでドロッパー買ったりフレームチェンジしましょう!

DEITY !!

ちょいちょい入荷あってるけどなかなかご紹介できてないので小出しに(かなり浅め、、)ご案内していきますね。
今日はDEITYのパーツ達。
ちょっと前までは結構男っぽいデザインというかゴリゴリ系だった同ブランドも随分と垢抜けてどんなバイクにも似合うオシャレな感じになりました。
でも単純にオシャレだけじゃないっすよ!
機能的にもしっかり押さえてるからパフォーマンスも妥協できない方にもバッチリです。それでいてかなりカラーで遊べるってのもいいですね〜!
価格も高すぎないから(写真のサドルは\7,800!)オススメですよ。
オフィシャルサイトでアイテムをチェックしてお問い合わせ頂ければがっつり走れる担当者がすぐにお返事くれてサクッと納品してくれるので週半ばに頼んでも週末のライドOKです。

アパレルなんかもいい感じなのでよろしくお願いします!!

旅の相棒

毎年全国津々浦々の会場へかなりの距離を動き回ってるCLEATです。
いつもは高速道路の住人ですが今年はなんだか飛行機移動が多い。歳出すかね、、笑
で、ゴロゴロのキャリーバッグを使うのですがいつも使っているDAKINEのキャリーバッグがちょっと大きい。機内持ち込みギリギリで断られたりしてかなり焦ったこともあり前々から気になってたアイテムを入れてみました。
IMG_6657IMG_6658みんな大好きTroyLeeDesignsのゴロゴロです。サイズは機内持ち込みサイズギリギリってとこで多分断れないと思います。
ちょっと派手だけど預けてもターンテーブルですぐ分かります。ってかトロイのキャリーバッグなんて使ってる人いないし。笑
ホイール(っていうの?)は固定が2個のみなので横移動ができないけどこのサイズならホイッと抱えられるから問題ないでしょう。

IMG_6659IMG_6660中はしっかり広く2泊3日くらいなら余裕だと思います。
メインコンパートメントのサイドに透明のポケットが2箇所あってゴソゴソ探さなくていいのが嬉しい。意外としっかりした作りなので使用頻度がそんなにない僕みたいなタイプならばずっと使えそうですね。第一TroyLeeDesignsってのが遊びじゃなく仕事でもテンション上がります!こいつ普段はモトクロスかMTB乗ってんだな?って語らずとも主張してくれますし。笑

IMG_6661トロイだし物も大きいので高いんじゃないの?ってのは誰しもが思うところでしょうけどこのキャリーバッグはなんと16900円!!(税抜き)
そりゃノーブランドの物ならば1万も出せば立派なものが手に入りますがテンションは上がりませんよね!でも旅のテンションをぐっと上げてくれるけど財布のテンションを下げまくっては旅どころじゃないので価格は抑えたいところ。その辺りにバチっとはまるキャリーバッグですね。
店頭に置いてるので実物見てみてください!

備えあれば…

トレイル走っててパンクしたらテンション下がりますよね、、修理中はアイドルの握手会の如く蚊、ブヨ、アブに大人気になるし。。
今やほとんどの方がチューブレスの時代だけにシーラントまみれにもなるし。
でもそんなチューブレスタイヤのパンクに強い味方が入荷しました!
サムライソード。
申し訳ないけど名前は笑えます。笑
でもちゃんとしてるっていうか割と救世主になるんじゃないかなと。
内容はいたってシンプル。
真ん中のリーマーでパンクで開いたタイヤの穴のをグリグリして上のプラグを下のソードでタイヤにぶっ刺して余分なプラグをカットして終了。あとは空気を入れればまたチューブレスでライド続行できます。
なら車とかバイクのパンク終了キットでいいやんとか思うでしょ?
でもこれハンドルのバーエンドになってるんです!
最近のトップクラスのエンデューロスタイルはバックパックなし。ヘルメットも軽量なエンデューロ用のフルフェイスがリリースされてるし、工具だってフォークのステ管やクランクの穴に収納可能になってたりカーボンのフレームそのものに補給食なんかを入れる小物入れが付いたりと、とにかく身軽にしてSSをより速く走る事に徹するようになってきましたのでこんな感じでバーエンドに収まるパンク修理キットが出ることも納得ですね。
もちろんバーエンドに入らなくてもバッグを背負ってる方はその中に入れておくだけであのシーラントまみれのチューブ入れる作業から解放されて便利ですよ!
チューブレスの方はぜひ持っててください。

ただし、先端が尖ったツールなので作業中にリムテープにぽつっと穴を開けてしまえばまたシーラントまみれのブヨ蚊握手会のはじあまりですので作業は慎重に!笑

なんか他のブランドからもっと進化したのが発売されそうな予感もしますが…

SRAMハブという選択肢


 SRAMのBOOSTハブが入荷!

フロントは新しいフォークに対応するトルクキャップ。広い面積で受けるて剛性アップです。

ハブ単体の重量もフロント150g、リア290g(両方とも実測です)とシールドベアリング使用としはかなり軽量です。

お値段も前後で4万ジャストなのでハイエンドとシマノの中間になる1番手が出しやすくて具合いいハブの選択肢になるんじゃないでしょうか?

BOOST規格のハブのチョイスでお悩みの方は是非候補に入れてみて下さい!

ちなみにROCKSHOXのBOOST規格フォークはこんな感じでトルクキャップ仕様になります。普通のハブを使うとちょっと前のダウンヒルバイクのリヤみたいに「穴探し」になります。笑

これはヒット!

昨秋にオーダーした2017のIONが入荷してきましたのでちょいちょいご紹介していきます。
先ずは今期からデビューしたMTBライディング用のバックパックです!
 容量は16Lと程よい大きさ。これだけあれば秋口からウインドブレーカーを脱いで入れておく事もできるし、簡単な食べ物やコーヒーグッズも入れてトレイルヘッドで最高の時間も過ごせます。両サイドにメッシュポケットとドローコードもあるのでかさばるニーシンガードもバッチリだし、増えた荷物にも対応します。
 ショルダーハーネスとパックがこれまでのMTB用と違ってかなり細かくフィッティングできるようになっていて荷物が多くてもかなり軽く感じます。実際細かく調整すると身体にくっついてる感じでパックが揺れず背負い心地は最高です!ベンチレーションパネルも多く、背中のムレもかなり軽減されてます。
メインの荷室はシンプルに1つですがとにかく開口が広い。これはかなり重要で探しているものが見つけやすいし、何せ出し入れが楽。
そして一つの荷室の中に沢山のギミックが隠されています。
カメラや携帯のなどの電子機器を入れるポケット、ハイドレーションを入れるポケット、ライディングに欠かせないスペアパーツや工具を入れるポケットなどは他社と同じですが…
IONは工具を入れるポケットそのものが荷室から外れるのでトラブルが起きたときはファスナーを開けてこのツールポケットを取り出せばいいのです!小さな事ですがこれはかなり便利ですね。分かりやすいアイコンのタグがあるので整理も簡単です。
 










外側のファスナーは止水ジッパー、その中にヘルメットホルダーが入っています。ヘルメットホルダーって他社も最初から付いてる場合がほとんどですが、なかなか普段のトレイルライドでは使う事が少なくそれを外さないと荷室のファスナーが開けられないなんて事も多いので使わない方にとってはこの機能はかなり嬉しいですね。
ハイドレーションパックは付属してませんがもちろん対応してます。
更に荷室からホースを出すところにチアーズ!!これは僕的に最高です。笑

ワンサイズ上の24Lも入ってますのでこちらもまたご紹介しますね!
実物をぜひ店頭で背負ってみてください。絶対に欲しくなりますよ!

ようやくこちらも

前回入荷分が速攻で完売してからかなり経ちますがようやくGIROのSWITCH BLADEが再入荷!
いやぁ〜待ちました待ちました。。
CLEATイチオシの各社フルフェイスヘルメットがこれで全て店頭にストックとなってます!!
 この手のフルtoハーフのスイッチャブルなヘルメットでは珍しくフルフェイスヘルメットとして形がいい。これはMTBコスプレ派としてはかなり重要。笑 
 テンション上がると恐怖心が減って身体が固まらず、結果上手く走れるしコケても怪我しにくい。カッコいいことは大いにメリットだと思ってます。
チンバー外してもスタイリッシュ。ゴーグルとの相性もバッチリです。
もちろんMIPS搭載!
顔着しても予備バイザー付きなので一回まではニコライなんちゃらみたいにはなりません。笑(余談ですが彼キレッキレですね〜。ルトルアのクランクワークスでは1ランでツイスター2回もキメて優勝してましたが、やっぱりバイザーないのはなんか、、笑)
今年からRedbull付いてなんだか見慣れなくなったリッチールードも被ってるGIROのSWITCH BLADE。福岡だと多分CLEATしかストックしてないですよ!ぜひ店頭でお試ししてない下さい!!

明日は営業します!

の前に待望のSENSUS LITEがやってきました!!
ロックオンじゃなかったSENSUSがそのままロックオンになった感じでかなりいいです。
待ってた方多いんじゃないですか??
あっという間に枯渇しそうなのでお早めにどうぞ〜


それと明日はチアーズトレイルのDig & Rideの予定でしたが諸事情あって僕は行けなくなったのでCLEAT奇跡の日曜営業です!
Dig & Rideは予定通りあっですので一汗かいた後乗りまくりたい方はぜひ参加してみて下さい。

FOX PROFRAME

ダートランドや古処山があった頃は本当によく売れていたフルフェイス、惜しまれつつも両フィールドがクローズした後の暗黒時代にはダウンヒルに参加するライダーからオーダーあった時に取り寄せで対応していたと言っても過言じゃなかったと思います。
吉無田やワイルドパークができ、そして今年はチアーズトレイルとフルフェイス着用OKのMTB専用コース(チアーズトレイルはフルフェイス推奨です)の増加に合わせるように、フルフェイスヘルメットそのものの販売も徐々に伸びてきてます。
先日はCLEATの看板とも言えるTroyLeeDesignsのD3をご紹介しましたが今日は双璧とも言えるFOXの新作「PROFRAME」のご紹介です!
IMG_4949FOXのフルフェイスヘルメットにはがっつりダウンヒル用のRAMPAGE PRO CARBONがありますがこのPROFRAMEはガンガン下るんだけど上りもこなさいといけないエンデューロレース用に開発されたもの。RedBullで「On Track」というEWSのドキュメンタリーフィルムがありますが、EWS開始当初上りを主にするリエゾン区間ではほとんどのライダーがリュックにフルフェイスを固定し半ヘルで上っていて、それがエンデューロのスタイルだと思ってましたが最近の映像だと多くのライダーがフルフェイスで上ってます。もちろんルートによるとは思いますがそれだけ軽量で通気性が良く快適で疲れない専用のフルフェイスが開発されてきたってことですよね。BELLのSuper3RやGIROのSwitchBladeに代表される(もちろん両アイテムともCLEATで買えます!)チンガードが外れて半ヘルになるヘルメットもこのエンデューロレースを意識したものですが、このPROFRAMEはチンガードが外れません。(ちなみにバイザーも固定で角度変わらないので例の悲劇が起きることもないです。笑)が、その分安全性もあるしヒンジやキャッチといった外せるが故に必要なパーツがない為にかなり軽量にできてます。
IMG_4950IMG_4953そして見ての通り圧倒的にベンチレーションに優れています。
圧迫されて息苦しくもないしライド中は上りであってもかなり涼しいでしょうね。
ただ下りで風切り音がするかも。。フルフェイスで下ると風切り音がなくなって凄く安心できるっていうか同じスピードでもそんなに恐怖心がないもんです。少なくとも僕はそう感じます。そんな方は普通にダウンヒル用のフルフェイスを買えばいいだけでこれは快適さとプロテクションを求める方にバッチリはまってるアイテムだと思います。
IMG_4954IMG_4955もちろんこれももはや常識のMIPS搭載。しっかり脳を守ってくれます。気になるフィッティングは僕は大丈夫。笑 どこも押してくる箇所はありませんでしたとだけお伝えしておきます。
そしてもう一点感動したのはこのバックル。「FIDLOCK」と名付けられてますが両側のバックルを近づけるだけでパチっと固定されて完了!外すときはスライドするだけ。これならばグローブつけたままで片手でOKだし、首の薄皮を挟んでイテテってこともありませんね!以前LAZERのヘルメットでこれに似た機構が使われていましたがそれの進化版みたいな感じです。
とにかく驚くのはその軽さ!
Mサイズの実測で750g!!D3カーボンが1100g弱あるのでざっくり3/4の重量です。
ちなみにGIROのSWITCH BLADEが900gちょい、BELLのSUPER 3Rは780gぐらい、A2は380gでさすがに軽いですが一般的なフルフェイスヘルメットに比べて圧倒的に軽くなってます。価格も36,000円(税抜)とかなり軽いです。笑
福岡ではあまり入荷等を聞かなかったので敢えて入れてみました。
フィッティングや実物の感じをぜひCLEATの店頭でチェックしてみてください!!
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ