CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

MTBフルサスペンション

ちょっとだけよ。。

画像1あんたも好きね。



















画像1こんなのも入ってます。



ちなみに明日から瑞穂ツアーなのでお休みです。月曜日から通常営業ですのでよろしくお願いします!!

SantaCruz V-10 Carbon

もういろんな所で書かれていてご存知とは思いますが、先日僕が組ませていただいたSantaCruz V-10がVITAL MTBでBike Of The Day に選ばれました!!
s780_8640856962_a51f5b33a3_o
もちろん僕はただ言われたとおりに組んだだけに過ぎませんが、それでも何だかジワジワと喜びが込みあげて来るのです。。








今回のV-10、ちょっと純正と違うんです。
detail5こちらがノーマルカラーのV-10。
昨年からシンジケートチームがWC等で投入していたチームカラーです。

これでも十分かっこいいのですがちょっと派手。ならばいっそ地味(っていうかシック)にしちゃえとラインやマークをブラックアウトにしたのが上記のものなのです。


でも単純に塗装したのではありません。

2820ノーマルと全く同じデザインのカッティングシートを作成し、これまたノーマルとジャスト同じ位置に貼り付けて作成したマスク仕様なのです!!
もちろん僕はこんなことできませんので外注ですが。。。

フレームに細部に至るまで全てブラックアウト。
本当に細かく素晴らしいお仕事されてます。



37組み立てホヤホヤの段階ではサイドもフルでブラックアウトでしたが、グロスが強すぎたので撮影のときに元に戻しました。

そうなんです。塗装と違って元に戻せるんです!
それもカッティングの大きなメリットですよね。

ずっと公開したかったのですが、やはりオーナーさんからの公開を待ってからとジッとしてました。
facebookでSantaのメカシャツの中にはこれだったんですね〜

本当にいいお仕事させていただきありがとうございました!!


尚、今回のV-10カーボン(Mサイズ限定)のカッティングシートはキット販売されるかもです。
お好きなカラーでオーダーできるように話あってますのでお楽しみに!

PEND BOX

ペンドボックスと聞いてすぐに何か分かる方、重症ですね。。。大半の方はご存知ないのではないでしょうか。僕も数年前まで知りませんでしたし、この仕事をしていなかったら一生知らなかったかもです。笑
34





















そんなPEND BOXを搭載したLapierre の X-FLOW 312 がやってきました!
しかも嬉しい嬉しい「試乗車」としてです。問屋さんのご好意によりしばらくの間お借りすることになったのです。つまり実際にトレイルに持って行って試せるんです。PEND BOX を。まさか伝票が来ないかヒヤヒヤしてます。。
55んでそのPEND BOXって何や?って話です。
上の画像ではごく普通のシングルピボットのフルサスに見えますが、こちらの反ドライブ側の画像を見ると何やら様子が違いますね。オフィシャルサイトの説明をコピペすると↓

すべてが完全な調和。振り子を模したボトムブラケット(pendulum、つまりPEND BOX)はサスペンションがアクティブになるとその作用が発揮され、ボトムブラケットは5mm前方へ移動する。この動きによってサスペンションの効率に影響を与えることなく、ペダルボブを排除しエネルギーの損失を最小限に留めるペンドボックスは、斬新かつ画期的な運動学ともいえるだろう。

これって訳した方も理解できたんでしょうか(笑)ちょっとGTのi -driveにも似てますが要するにLapierreが考案した最高のリンク構造がこのPEND BOX なのです。(強引、、)高いペダリング性能、安定感が得られるという事です。

って書いても???でしょうからガンガン乗って確かめてみるのが試乗車なのです!
画像からお分かりのように早速少々試してきましたが、なかなか面白いバイクでしたよ〜
是非味わってみて下さい!!

YETI SB-66 A

昨日は泣く泣くサンデーライドをお休みして納車DAYでした。絶対今週末は乗ります(フツフツ・・・)

んで納車したからにはもう店頭で現物が見られないコチラ。
IMGP8996














たまらん。。。

IMGP9008IMGP9010









IMGP9009今回のアッセンブルは今期から日本でも始まった コンプリートキット の 「RACE XT KIT」 。
フロントフォークはこれまた新型のFOX 34 Float 150 CTD 1.5 Taper !32では頼りないけど36だとオーバー、そんな悩めるトレイルライダーにピッタリなこの34。ダンパーも登り、トレイル(登り下り)と下りのセッティングをダイヤルひとつで簡単に調整できます。このフレームの売りである Switch Technology との組み合わせで最高のトレイルライドが楽しめます!はず。
リアエンドはこのところのトレンドである12×142のThruタイプ。スポンとはまってスルっと外せます。んでカッチリ。

IMGP9005人間でいうところの「眼力」的なものがあります。



県内にお住まいなのでこれからちょいちょいトレイルでお見かけすることになります。どうぞよろしくお願いします!




最後に気になるプライスですがフルXTにDT-SWISSのホイール、EASTONのカーボンハンドルとか諸々込みで
¥557,550-なのです。
HRDさんゴメンナサイ。。。でも九州第1号は変わりませんから、、、

って感じで大物狙う方はコンプリートキットがかなりお得ですよ!!
春までに欲しい方はそろそろタイムリミット。是非ご相談下さい!!

SantaCruz BULR TR

先ずはこれ
最近話題だった Josh Bryceland のムービー

RAT ATTACK! Introducing the New Santa Cruz Blur TR from santa cruz bikes on Vimeo.


とにかくカッコイイ!!
んで乗ってるバイクがこちらのBLUR TR。
20130122_394014これまでTR(トレイルライドモデル)はカーボンのみといろいろ手が出しづらい一面もありましたが、今回発売されるTRは待望のアルミフレームなのです!!しかも5年保証!
リアトラベルは125 といわゆる「ちょいサス」ながらキビキビと走り、守備範囲が広いバイクなのはウチのお客さんならよ〜くご存知かと(笑)
クセがなく乗りやすいVPPフレームに手の出しやすい仲間が加わったわけです!
フレーム価格は ¥278,250-  


さらにこのところ流行りの コンプリートキットも登場。
基本スペックは

FRONT FORK: FOX FORX 32FLOAT 130 CTD

REAR DER:  Shimano M675 SGS (SLX) Shadow Plus

FRONT DER: Shimano M780 or M781 (XT) 10 spdd

SHIFTERS:  Shimano M670 (SLX) 10spd

CRANKSET: Shimano M552 24/32/42 10spd

CASSETTE: Shimano HG 81, 11-36 (SLX) 10spd

CHAIN: Shimano HG 74 10spd

BRAKES: Avid Elixir 5's w/ 160mm rotors

BARS: Raceface RIde low riser 685mm

STEM: Raceface Ride 70mm or 90mm

GRIPS: Lizard Skin "494"

HEADSET: Cane Creek 10

SEAT POST: Raceface Ride 30.9x375mm

SADDLE: WTB Volt Race

WHEELS: Mavic XM 119 disc rims laced to Shimano M758 front hub (XT) and M678 (SLX) or M 756 (XT) rear hub w/ DT 14 gauge spokes, brass nipples

TIRES: Maxxis Crossmark 2.1 wire

TUBES: Maxxis .7mm tubes

価格は ¥499,800- と憧れのSantaCruzがグッと射程距離に入ってきました(笑)


入荷予定は2月末ごろ。
春には新しいバイクで新緑のトレイルを走りたい方、ご予約お待ちしております!!


それからちょいちょい問い合わせがある TroyLeeDesigns のトレイルライド用ヘルメットの「A1」(←英一)ですがぼちぼち詳細がご案内できそうです。これもお楽しみに!!


もう来ちゃった。

2012も残すところ2週間ちょっとになってしまいましたね。
先日ご来店のお客様より「たまにはブログ更新してしてください」と叱咤激励されたので久しぶりに更新です。
ネタ的にはパンチ力のあるもので復活したいと思ってたら強烈にパンチのある入荷が!
IMGP89662013大型新人のRockyMountain SLAYER S/S が早速入荷です!!
まず見た目で完全にノックアウト確定です。。。
RockyMountainがスロープスタイル用に投入したリアストローク100mmのこのフレーム。フルサスながらリアセンターが406mm と短くさらにヘッドも69°と立ってます。これに130〜140mmのフロントサスを入れればまさに回れるフルサスになるんでしょう。


IMGP8972IMGP8971









IMGP8973各部の作りもなかなか良い感じです。
ヘッドももはや定番のテーパー(上下インターナル)、リアエンドはトレンドの142×12Thruでカッチリ。
いたるところがハイドロフォーミングで整形されたチューブだし、カラーもブリンブリンでたまらんです。
完成イメージやジオメトリーはオフィシャルサイトでチェックできます。
でもこれってスロープスタイルだけのフレームじゃないですよ!
フロント130、リア100、ショートホイールベースで旋回性いいってことはいろいろ使い道多そうですよね!!

画像や写真よりもずっと迫力あるフレームですので是非店頭で視姦して下さい。

あと気になるシートピラーのスタック寸法ですが 150mm でした。意外に入りますのでイケそうですね〜(笑)

KONA

CLEATは今期からKONAの取り扱いをはじめました!

先日の大阪弾丸はそのKONAの代理店さんの展示会でした。2013のNEW BIKEもかなりいい感じでしたが、その前に2012のこれを入れてみました。
画像1TANUKI DELUX
前後130ミリストロークで登って下れるトレイルライドにもってこいの一台。
ミドルグレードながらスペックはバッチリ!持ってみると分かりますがKONAのイメージを覆す軽さです。
しかも25万を切ってますから!さらに2013モデルも入ってきますので・・・もう一声いきますよ!

なんだかんだで出番が最も多いバイクになりそうですね〜



店頭で見て触って下さい。
詳しい内容はオフィシャルサイトでチェックです。

2013KONAの情報も店頭であれこれ聞いて下さい!

Devinci

常連さんは店頭で見ていると思いますが、この度CLEATは「Devinci」の販売店になってしまいました。
おそらく北関東からの見えない圧力だと思われます。。。

冗談はさておきこのDevinci(ダヴィンチ。デビチンとか言ってはいけません)、DH好きには昨年からSteve Smithが契約し活躍したこと、そして国内においてはJapanシリーズ開幕戦(箱館山)で井手川直樹 選手によるタイムドセッションから予選、決勝まで1−1−1で完封勝利したことも記憶に新しいことでしょう。
とにかくなんだかいいモノなんです(笑)

っとDHバイクのことばかり書いてますが、入荷したのはDHマシンではありません。。。










「DIXON RC」
¥420,000(税込)
145丱肇薀戰襪離ールマウンテンバイク。
何と言っても最大の特徴は「SPLIT PIVOT」。あのDWリンクの生みの親デイブ・ウィーグルが設計したリアドロップアウトと同心にピボットを配置し、ピボット位置を最適化した新しい形のサスペンションシステム。
ブレーキングやペダリングによるリアサスペンションの動きを制御し、最適なサスペンションの動きを実現。シンプルな形状で、軽量・メンテナンス性を高めた新世代のシステム。ペダリングをすれば爆発的な加速をし、コーナーでは思ったラインをトレースできる。今までに感じたことのないとろけるような走りを体感できるでしょう。
とカタログに記載されています。走りはとろけちゃイカんでしょ(笑)脳内です。脳内。










ヘッドチューブをよく見ると「handmade in canada」と誇らしげに書かれています。Devinciは各パイプを溶接後にCNC切削加工しており(Lifecyclesのオープニングで組み上がった前三角のBBを切削してましたね)、実際この車体も全て芯出し面出ししましたがほとんど狂いない、とても精度の高い製造工程を経て作られてます。こういうのニヤリしてしまいます(笑)

実は先日の全日本選手権の時に現地納品、そのままオンコース(しかもマッド。。。)だったんですがかなりの洗礼を受けて男らしいマシンになってました(笑)でも笑顔笑顔!MTBはこうでなくっちゃ!


他にもDevinciのコンプリートバイク、フレームが入荷してます。
ボチボチご紹介しますのでお楽しみに!!



いさぎよい。

昨年末最後のお仕事だったTransition COVERT が初回点検でピットイン。
バタバタしてて写真撮ってなかったので点検後に撮影しました。

オールマウンテンのフレームでその懐は深い深い。
富士見ガンガン走って、トレイルでアップダウンもガンガンこなします。
そういえば前々回のコグマカップ4Xのウイニングバイクでもありましたね(笑)

そんなCOVERTを男らしくフロントシングルでセットアップしたこのマシン。
パーツアッセンブルも完全に下り寄り!


個人的にCOVERTはフレームのラインがキレイで大好物です(笑)

Nさんありがとうございました!!

出会いと別れ

昨年の九重スキー場のイベントには乗ってこられてましたので、もうかれこれ組み上げて2ヶ月以上経ってます。。。

恐らく九州初のあのマシン。









YETIのSB66Aが完成しました(してました。。。)!

オーナーはバリバリのクロカンレーサー。
ハードテールやちょいサスのポテンシャルは半端なく、大概の場所はフルリジットでも下ってこれるはず!?なので今回はより「下り寄り」なセットアップでいきました。

メーカーサイト等では32系150ミリのサスペンションを組み合わせオールマウンテン色を出してますが、これには36TALAS 160を組み合わせたのでガッツリ下りな感じに。

気になっていたヘッドアングルも実際に乗るとモタつくこともなく、36インナー、20ミリアクスルによる剛性感アップ!

55ミリとこれまたオールマウンテンらしからぬステムのチョイスでグッと「その気にさせる」ポジションになりました。

多少(結構!?)登りの性能はスポイルされていますが、そこはTALASでカバー。たとえVANで組んでても僕より絶対登れますから!














コンポはフルXT(ブレーキセットのみXTR)、ホイール、ハンドル、ステム、ピラーは全てEASTONのHAVENシリーズで統一!マジでこれ大好物!

んで気になるインプレッションは??

そりゃもう最高です!!

トルクフルなエンジンが載ったFR車のアクセルをグッと踏み込んだ時にリアが沈みこむように、地面にタイヤが押し付けられて前に前に加速します。どんな路面でも!
ひょっとしてシッティングじゃなくてもトラクションが掛かるのでは?って思ってしまいました。とにかく地面に吸い付く感覚。
おもしろいです!!

機会があれば是非試乗して下さい。
なかなか無いかも知れませんが。。。

というのもこちらのオーナー様は昨年末に神奈川にお引越しされましたので(泣)

まぁちょくちょく戻っては来られるでしょう!


いろんな所で絶賛されたりたまに酷評されたりと話題の多いSB66ですが、今期もしっかり入荷予定ですのでご期待を!

あ〜もうちょっと乗りたかったな。。。
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ