CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

サスペンション

ブルドッグのあとはセドリック

何のこっちゃ?って話ですね。笑
先日トレック・ジャパンさんから正式に発表されましたが、今度の秋富士見(10/17 CJ1 富士見パノラマ)にTWRのブルック・マクドナルドが参戦するそうですね。そりゃもう凄まじい走りなのかそれともコース慣れしている日本の侍が意地を見せるか僕も現地でしっかり見てこようと思ってます。数年前にウイングヒルズにジョー・スミス(現 CRC NUKEPROOF)が来たときも安達くん(でしたよね?)が勝ったので(ジョーはもの凄いジェットラグだったらしいです)今度も日本のライダーに期待してしまいますね!本当に楽しみです。あともう一人来るらしいのですけが・・・笑

で、その富士見の翌週のENS富士見高原にはなんとセドリック・グラシアがDVOクルーとやってくるそうです。レースの前後もいろいろと催し物もあるそうなのでこちらも目が離せませんね!!

ということでCGは来るはタロウくんは連勝するはでCLEATにDVOのサスペンションが無いわけにはいかない状況になってきましたので。。。
010102da96f3359061301f50d1b7ba08d73a698cebさすがに九州のフィールドではダウンヒルバイクの出番が早々ないのでCLEATが最も力を入れているジャンルのサスペンションということでDIAMONDを仕入れました。
DVOといえば鮮やかなエメラルドグリーンですがビビリな僕は無難なブラック。。。
でもどんなバイクにもマッチするしシブ派手でかなりカッコイイのです!! 










0146a6c785701fee45e1483525767efbe2a9ccee4001ec3003137ef597246e4ad088ae305aa3ac56a295










ね、シブ派手でしょ?
マットとグロスのブラックコンビは僕の一番の好物です。笑
コントロールは右肩がコンプレッションでLow、High 2系統。
0137b59dd00bdb04b3575a1a8d2aae7b42fd65a933013c0f6a70b4eac448e8ca85aab6b235b8bca92694









右下がリバウンドダンパー。分かる人少ないと思いますがノブはエッジが丸めてあってあの激痛と戦わなくていいのでかなりありがたいです。笑 味付けは開発に携わってるCGの好みがかなりリバウンド強めなのでこれ(もちろんエメラルドも)リバウンドがかなりキツく設定されてて全開放しても皆さんがお好きなサッと伸びる感じではなくシュワっと伸びます。じゃあどうするの?って辺りのことは是非お尋ねくださいね!
そして左レッグの下に謎のダイヤル「OTT(Off The Top )System」これはネガティブ側のスプリングにプリロード掛けることでストローク初期の動き出しを軽くするものなのです。これでエアサス独特な(最近はあまり無いですね)動き出しの張りを少なくするんです。
とシングルクラウンということもあって意外とざっくりしてると思いきやエメラルドに引けを取らないレーシングサスペンションなのです。その証拠にコンプレッションHighスピードが29クリック!(ちなみにエメラルドは40クリック笑)Lowスピードが6クリック、リバウドが20クリック(キツめなので全開放が普通の真ん中ぐらい)そして先程のOTTが1周6クリックの14周。かなり細かくセッテイングできるので一日中(ってかライド中ずっと)セッテイングしてるセッテイング好きにはたまらんかもです。笑

カッチリした剛性感で多彩なセッティング。重量はちょっとあるけどこれで¥111,800-(税抜き)ならかなり良いと思いますよ!
買ってタロウくんを応援しましょう!!

GIANT GLORY 27.5 1(本気組み)

いつだって本気のCLEATです。笑
0187b943672b65b60e1c39f7a3a0c1b7efdc5f0a0e本村選手がとうとうバイクチェンジです!ちょうど3年前の春ヨシの前夜に組み上がったSANTA CRUZ V-10C からCLEATとタッグを組んで4シーズン目、巨匠は今回意外にも(!?)GIANT GLORYをチョイス。これまでそりゃもういろいろ悩みました。何台も何台も試乗してぐるっと回って「やっぱり僕のV-10が一番良いですねぇ」と。。。去年の開幕戦は菓子折りを持って謝罪にも行きました。笑 でも昨年焦ってチェンジしなくて本当に良かった。まさかここまで27.5がメインになるとはあの時点では想像してませんでしたからね。まるっと規格を変える意味でも「完成車」であることが前提だった今回のバイクチェンジ、GLORYは必然だったのかもしれませんね。
夏にはカーボンモデルが出るということでしたが、おそらくトップグレード扱いなので現在のGLORY 0 より価格アップなのではということでセカンドグレードの1を選んだのでした。
016e1b5a118ee02736c44c07f5996ce3a568e1e042015436deabfadace97379da76f8ba5a587cba54a31









トップグレードとの大きな差はまずフロントフォーク。外観は余り変わりないROCKSHOX BOXXERですが0がチャージャーダンパーに対して1は従来型のモーションコントロールと心臓部は大違い。とは言えこれまで何年もレースレベルで付き合ってきたダンパーなのでスコスコ動かしたり棒のように固めたり、スーっと入ってグッと踏ん張ったりには簡単に変えられますのでしばらくはこのままでもOK。バルブがヘタってきたらチャージャーダンパーにアップグレードすればOK。
リアサスペンションは両グレード共ROCKSHOX VIVID R2C でグレード差なし!リバウンド2系統、コンプレッション1系統のシンプルセッティングで直感的。一見すると昨年のフレームとホイールサイズが変わっただけに見えますが、実はレバー比が低くなっていて(2014までは2.9、2015から2.66)よりプログレッシブ効果があがってるんです。(←組み上がって軽く動かしてみて350のバネにしては妙に踏ん張るんで調べたら変わってました。展示会に真面目に行ってる方は常識かも知れませんが。。笑)とにかく前のモデルよりもペダリング性能や路面追従性能がリアサスペンションの性能抜きでも上がっていて、更にカウンターメジャー採用の進化したVIVIDが搭載される訳です。早い話良かっちゃないと!って感じです。
01a4d6ecc1c4720b99f64b21ec9f8ed5c2d948b0f2GIANTは本当にパフォーマンスいいブランドです。各部の切削、研磨作業をしていると製品そのものがなかなか精度高く作られていることがわかります。それでも面の傾きや若干の変形はしています。今回は前のバイクのパーツとあれこれ入れ替えつつよりパフォーマンスアップを図ったわけですが、ただ入れ替えるだけじゃなくもちろんいたるところにレースパフォーマンスアップの一手間二手間を加えるのです。ホイールも純正だけど別物、サスも駆動系もブレーキも。機会があれば比べてみてください!餅は餅屋で!笑 もちろんレーサーじゃなくてもいつでも本気組みのCLEATです!(←しつこい!笑)

さていよいよ来月頭に今シーズンのDHレースシリーズも開幕。
新しいGLORYに乗る本村選手の応援をよろしくお願いします!
もちろんCLEATも開幕戦からフルサポートで頑張ります〜


追伸
GLORYの純正チューブは〜2.3と細めが入ってますので空気圧上げると薄っ薄です。せめてリアだけでも2.5までのチューブに変更することをオススメします。。あとチェーンのコマ数。

めでたいので!

おめでとうホークスタロウくん!応援ありがとう記念キャンペーン&セールします!!
10734155_582400045199041_83002129326412287_n本日石川県白山一里野で行われたジャパンシリーズDHI #6 で Transition/Cleat の 浦上太郎 が見事表彰台の真ん中に立ちました!!
腰痛で参加できなかった僕は喜びと共にお店で唇をかみしめつつパンク修理してました。。笑
動画でしか見てませんが今回のコースはあの昨年に比べてもかなりヤバい感じで、誰が勝ってもおかしくないそんなタフコースでした。そんな中お昼すぎに予選3位のメールがきてそれから仕事が手につかん手につかん。。笑
SNSに次々アップされるホットシートの選手であと何人かチェックして、タロウくんがホットシートに座ってあと二人。ドキドキしてたら決まったと同時に東京の小川輪業の小川さんから「おめでとうごさいます!」って写真付きでメッセージきたから「わああああああああああ!!!!!!!」ってデカい声出してしまいました。。笑
10407687_691268307635706_2696656881030465969_nジャパンシリーズに参戦して3シーズン目(4だっけ??笑)熊本のダートジャンパーがとうとうやりました。笑
いつも仕事の後せっせとBMXコースでトレーニングしたりと彼自身の努力の賜物であると同時に、応援してくれたたくさんのタロウファンの皆さんのおかげでもあると思うので、ここはひとつ僕も何かやらなきゃいかんのではという脅迫文エールもありキャンペーン&セールをやります!!




まずキャンペーンですが、彼の勝利を支えた機材の要であるサスペンション(もちろんフレームその他もですけど)フィーリングを皆さんにも!(といっても決してインナーチューブをガリガリ削ったりはありません笑)
CLEATでは純正のサスペンションフォークと使用する部品は変わらず純正パーツのみで組み直す(つまりチューニングしないので保証対象外にはなりません)事でパフォーマンスアップさせることを推奨しています。もちろんタロウくんも本村くんもカネオカもそのサスペンションで参戦してます。そんなメンテナンスを手頃な価格で提供します。
・ROCKSHOX→¥9,000〜(税別、パーツ&オイル&工賃込み)
・FOX→¥10,000〜(税別、パーツ&オイル&工賃込み)
その他ブランドはお訊ね下さい。


そしてお楽しみのセール!!
とにかくTRANSITIONですよね!店内のTRANSITION(ANVLを含みます)商品は全て20%OFF!!ってもあんまり店頭にないのでお取り寄せ商品も10%OFF!!もちろんまだ未入荷の2015アイテムも対象です!!

それから彼の安全の要であるBELL(他に安全グッズなさすぎる男ですから、、)こちらも店頭商品は20%OFF!!でお取り寄せ商品は10%OFF!!

それとタイヤ、こちらも使用はほぼほぼMAXXISなので対象にします。店頭商品は20%OFF、お取り寄せ商品も10%OFF!!
あとは、、、う〜ん、、、ない。。。笑  VANSとかネルシャツとかジーパンですから。。

そしてその他店頭アイテムは全て10%OFFです!!
最近ブログアップしてませんでしたが、ぼちぼちいいの入ってます。。

期間は10月31日の閉店まで!
よろしくお願いします〜!!

公式リザルト貼っておきます。
IMG_6429写ってはないですが本村くんもシーズン最高位の11位でした!おめでとう!!スゲーな我が社。笑


画像提供
・ダートフリーク様
・BikeShop玄武様
勝手に使ってゴメンナサイ。





企画モノ

はい、そこの男子興奮しない!

弾丸出張やジャパンシリーズ遠征などと貧乏な上にスケジュールMAXで瀕死の店主です。
随分ご無沙汰ですがまだまだ10周年セールやってます。店内もだいぶスッキリとしてきましたが、もう少しシェイプアップします。(僕自身も、、笑)
んで今日は企画モノです。
IMGP9486IMGP0807















2013 Commencal META SX 26 と 2013 X-FUSION VENGEANCE HLR をセットで合計¥346,950-のところをラッキーな1名様に限り
¥260,000-キッカリ!!

フレームはコメンサルのエンデューロ系フレーム、160丱好肇蹇璽でフロントはダブルにも対応なのでこれ1本でトレイルからゲレンデまで思いっきり遊べます!定価は¥259,800-

サスペンションはX-FUSIONのFR〜AMの最高峰エアサスペンションのVEGEANCE。36个離ぅ鵐福七造20丱▲スルでガッチリ剛性を確保、コンプレッションはハイスピード、ロースピードの2系統+リバウンドで細かくセッティング可能です。ストロークはMAX170个任垢短くすることも可能です。今年のトレンドになりつつある650Bのホイールにも対応してます。定価は¥87,150-

この2つをセットで260,000なのでサスペンションはほぼタダ!!
当然ながら1セット限りですからね〜!!

各バラも可能です、お問い合わせ下さい。


ラッキーボーイは誰ね?笑

追伸 サスペンションだけ旅立ちましたのでこの企画は一旦仕切りなおしでフレーム単体になります。。。

そっくりなんだけど

IMGP9814たまには真面目なお話でも。笑
並んだ2本のサスペンション左が復活したPIKE、右はREVELATION。
PIKEはインナーチューブの径が35个覆里32个REVELATIONよりもゴツく見えますが両方ともストロークは150弌
しかしながら実はこの2本、左が650B用で右は26”用なのです。
アクスル(車軸)にはめているブロックは両方とも同じものなので、共に車軸からは同じ高さになっています。
左の650B用の方が少しだけタイヤのクリアランスも肩下(首下)も大きくなってますね。おそらく同じ種類のサスペンション(PIKE同士ややREVELATION同士)ならばもっと違いが分かりにくいでしょう。。
正面から見た情報を元にある人が言いました
「この違いなら650B用を買っときゃどっちでもイケるね!」
確かに、、、しかし物事はひとつの視点で判断してはいけませんと昔エライ人から教えてもらった僕は別の方向からも比較しました。

そうすると・・・

IMGP9815650Bと26”でアクスルのオフセット量が違いました。
ん?ヒントになれ・・・で以前、29”用のフォークのことで触れられてましたね。要するにハンドリングです(詳しくは「キャスター、トレール、オフセット」あたりでググって下さい)。
26→29で感じるあのモッサリというか「よっこいしょ」って感じ、26→650Bでもあそこまでないにせよホイール外径が大きくなったことで発生します。より違和感なく軽快なハンドリングと気持いいライディングの為に「最適化」された結果なのです。

では26”用フォークに650Bホイールとか650B用フォークに26”ホイールはNGなのか??
当然走れないことはないですが(街中で見かけるフォーク逆にしてる自転車でも走ってますから 笑)やはり専用にこしたことはないですね。店頭ではよくお話しますが「入ります」と「機能します」は別だと思います。
フロントだけではなくフレームも。入るけどBBハイト高すぎたり、、、長すぎるフォーク然り。
違和感なく気持よく乗りたいんなら専用が一番ですよ〜!

しかしMTBの勢力図ってどうなるんでしょうね?1:8:1の割合で26:650B(27.5):29になったりして。。。
だいたいそんなにいいのか650B?って方の為に只今デモ車製作中です(もうちょいで完成します!)。試乗車としてトレイルに持って行ってガンガン乗り倒して比べてみてくださいね〜!!

復活!

IMG_2103左が「FOX 34FLOAT CTD 27.5 150 」。そして右がこの度多くのMTBerが唱えた復活の呪文により蘇った「ROCKSHOX PIKE RCT3 SoloAir 150」です。
見た目はもちろん用途もガチで同じなこの2本、もちろん意識しているのは話題のエンデューロです。エンデューロ???な方はご心配なく、普段の僕らです(笑)
肩下もほぼ同じ、PIKEのダンパーは新設計のカートリッジ仕様で、登り、トレイル、下りの3段階でトレイルポジションはダイヤル調整可能。ん?これってCTDって言ってないだけで同じ、、、笑
では何が違うか??まだ使用してないので数字だけで言うと・・・まずインナーチューブ径がFOXの34个紡个靴PIKEは35弌アクスルが20个覆蕕仟膾垢覆い隼廚い泙垢、この2本は15 (ちなみにPIKE、REVELATION、Sectorは全て15 アクスルのみトのことです)なので多少なりとも影響がありそうですね。
それから重量、2070gと1860gです(実測)。なんとFOXよりも200g以上軽いのです!
んで気になる価格ですが、FOXが¥108,150-でPIKEが¥127,050-と約2万弱の差が。。

店頭で手にとってみて大いに悩んで下さい!笑

2011 Reveration RLT Ti

IMGP5527いいね!













猿楽さんジャッカルJACKALにも装着!




それにしても画像悪い。。。
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ