CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

ヘルメット

FOX PROFRAME

ダートランドや古処山があった頃は本当によく売れていたフルフェイス、惜しまれつつも両フィールドがクローズした後の暗黒時代にはダウンヒルに参加するライダーからオーダーあった時に取り寄せで対応していたと言っても過言じゃなかったと思います。
吉無田やワイルドパークができ、そして今年はチアーズトレイルとフルフェイス着用OKのMTB専用コース(チアーズトレイルはフルフェイス推奨です)の増加に合わせるように、フルフェイスヘルメットそのものの販売も徐々に伸びてきてます。
先日はCLEATの看板とも言えるTroyLeeDesignsのD3をご紹介しましたが今日は双璧とも言えるFOXの新作「PROFRAME」のご紹介です!
IMG_4949FOXのフルフェイスヘルメットにはがっつりダウンヒル用のRAMPAGE PRO CARBONがありますがこのPROFRAMEはガンガン下るんだけど上りもこなさいといけないエンデューロレース用に開発されたもの。RedBullで「On Track」というEWSのドキュメンタリーフィルムがありますが、EWS開始当初上りを主にするリエゾン区間ではほとんどのライダーがリュックにフルフェイスを固定し半ヘルで上っていて、それがエンデューロのスタイルだと思ってましたが最近の映像だと多くのライダーがフルフェイスで上ってます。もちろんルートによるとは思いますがそれだけ軽量で通気性が良く快適で疲れない専用のフルフェイスが開発されてきたってことですよね。BELLのSuper3RやGIROのSwitchBladeに代表される(もちろん両アイテムともCLEATで買えます!)チンガードが外れて半ヘルになるヘルメットもこのエンデューロレースを意識したものですが、このPROFRAMEはチンガードが外れません。(ちなみにバイザーも固定で角度変わらないので例の悲劇が起きることもないです。笑)が、その分安全性もあるしヒンジやキャッチといった外せるが故に必要なパーツがない為にかなり軽量にできてます。
IMG_4950IMG_4953そして見ての通り圧倒的にベンチレーションに優れています。
圧迫されて息苦しくもないしライド中は上りであってもかなり涼しいでしょうね。
ただ下りで風切り音がするかも。。フルフェイスで下ると風切り音がなくなって凄く安心できるっていうか同じスピードでもそんなに恐怖心がないもんです。少なくとも僕はそう感じます。そんな方は普通にダウンヒル用のフルフェイスを買えばいいだけでこれは快適さとプロテクションを求める方にバッチリはまってるアイテムだと思います。
IMG_4954IMG_4955もちろんこれももはや常識のMIPS搭載。しっかり脳を守ってくれます。気になるフィッティングは僕は大丈夫。笑 どこも押してくる箇所はありませんでしたとだけお伝えしておきます。
そしてもう一点感動したのはこのバックル。「FIDLOCK」と名付けられてますが両側のバックルを近づけるだけでパチっと固定されて完了!外すときはスライドするだけ。これならばグローブつけたままで片手でOKだし、首の薄皮を挟んでイテテってこともありませんね!以前LAZERのヘルメットでこれに似た機構が使われていましたがそれの進化版みたいな感じです。
とにかく驚くのはその軽さ!
Mサイズの実測で750g!!D3カーボンが1100g弱あるのでざっくり3/4の重量です。
ちなみにGIROのSWITCH BLADEが900gちょい、BELLのSUPER 3Rは780gぐらい、A2は380gでさすがに軽いですが一般的なフルフェイスヘルメットに比べて圧倒的に軽くなってます。価格も36,000円(税抜)とかなり軽いです。笑
福岡ではあまり入荷等を聞かなかったので敢えて入れてみました。
フィッティングや実物の感じをぜひCLEATの店頭でチェックしてみてください!!

TLD第2弾!

先日はTroyLeeDesignsのフルフェイスヘルメットD3をご紹介しましたが、今日は2017TLDの目玉とも言える新作半ヘルA2のご紹介です!!
IMG_4886IMG_4889衝撃的なA1の登場から4年近く経過、それでも全く色褪せないどころか常に最高にイケてるデザインかつ抜群の安全性だったTLDのトレイル用ヘルメットがリニューアルされ「A2」に進化しました!!
まずベンチレーションが大幅に改良され涼しく快適に。
IMG_4887IMG_4885IMG_4888通常この手のハイフローなヘルメットは総じてイケイケなデザインになりやすいけどそこはさすがTLD!D3にも通じる感じで上手くまとめてますね〜ホント、シビれるくらいカッコイイです。
IMG_4890そしてこのA2は安全性も進化。
もう何度もご紹介して今やヘルメットのスタンダードになったMIPSが採用されています。
TLDはMIPS以外にもヘルメット帽体そのものに2種の素材を使用してハイスピードとスロウスピード両方の衝撃を帽体自体で吸収するようにできてます。そこにさらにMIPSなので「あれ?みんな何してるの??なんで俺こんなに泥だらけなの??」ってことになりにくいのです。まさに鬼に金棒!
フィッティングもMIPSありきで開発された帽体なので驚くほど快適。昨年僕が被ったサンプルはもっと押してくる部分があったんですがそこも完全にクリアして製品版になってます。素直に僕が欲しいです。。
IMG_4892IMG_4893上記のブラックxゴールドがグロスなのに対してこちらのブラックxグリーンはベースカラーがマット仕上げ。
ピンストライプながらシックでいい感じです!





IMG_4896IMG_4895そして定番の
マットブラック。
もちろんシンボルなロゴマークはグロスブラックとツボをえぐりまくってます。
今期のTLDは全体的に価格が控えめになっててそこもオススメできるところです。ちなみに新開発の帽体にMIPSが搭載されたA2、もちろん価格もアップしてそうですがなんと22,000円(税抜)と昨年までのA1(REFLEX)よりも安いんです。絶対買いでしょ!

IMG_4899継続になってるA1もそのままではありません。
今期からこちらもしっかりMIPS搭載!サイズ感が若干変わってるので(っても他社ほどはないです)店頭で実際に被ってチェックしてみてください。
A2が昨年のA1の価格を下回ったってことは今期のA1は???
なんと18,200円(税抜)!!!
手が届きやすくなりましたね〜



IMG_4900IMG_4901A2のデビューがあっても過去モデルではなく2トップになった2017TLDトレイル用ヘルメット、ぜひ九州唯一の特約店CLEATでお試し&お買い上げください!!



2017BELL

今期もCLEATのヘルメットラインナップは1.TroyLeeDesigns(以下TLD) 2.GIRO 3.BELLでいきます。TLDに関しては九州唯一の特約店です。取れますよってアイテムじゃなく主軸です!GIROもMTB系アイテムならばどこよりも在庫してます。そしてBELLも常に店頭で試着できます。お取り寄せ対応じゃないんです!買ってください!(切実、、)
そんな2017モデルのBELLヘルメットが少し前に入荷してましたがご紹介できてませんでした。。
IMG_0700IMG_0702










IMG_0701もちろんCLEATで一番売れるのはこのSUPERシリーズ。毎年マイナーチェンジを繰り返してますがこのモデルでとうとうスーパー3になりました。つまり初代のスーパーから比べるとかなり進化してるってことです。
昨年も初代から比べて飛躍的に進化した後頭部のアジャスターが今年は「FLOAT」という先ずネーミングでビクつく感じになりました。笑 いいですね!で、名前ばっかりじゃダメなんで性能はというと昨年よりさらに細かいノッチになりより好みのフィット感が得られるようにグレードアップしてます。もちろんMIPSも継続採用(従来のイエローMIPS)です。フィット感も上々!
しっかり安全で見た目も良いので今期もオススメです!


何年か前まではCLEATには子供ライダーの誕生はないやろうなぁって思ってました。だってお父さんが楽しみ過ぎてて子供かまってないですもんね。。笑 でも吉無田のスキルパークなどのお陰でキッズ増えましたね〜!先日とある方も書いてましたが、スタイリッッシュなことを重視して安全に対する構えがちょっとなってないですね、、カッコイイは正義だからは本当に大事。でも格好良くてしっかり守ってくれるに越したことはないですよね!IMG_0703IMG_0705







IMG_0704そんな増えてきたキッズ用に今年はフルフェイスを仕入れてみました。
小さいながらしっかりとした作り、そして大事な格好悪くないこと!その2点ではバッチリ。あとはお父さんのお財布にどれだけ優しいか。。笑
ご安心ください。税抜き¥14500とバファリン並みに超優しい。
もちろんヘルメットだけじゃなくて手足や体を守ってくれるガードも充実させていきます!
格好よくガードしてクールにライドしましょう!!




IMG_3564モデルは1年生。
嫌がってませんよ。楽しんでるんです。


ようやく到着!!

SNSなどでちょいちょい見かけたあのヘルメットがついに入荷!!
IMG_3105IMG_3106










個人的に2017 GIRO の目玉と勝手に位置付けてます「SWITCH BLADE」。
まずロゴがいい。笑
いやそこじゃなくてフルフェイスヘルメットとしての形状がいいです。サイズも。
しかしながらこのSWITCH BLADEはそこだけではないんです。
IMG_3107IMG_3108










そうです。このヘルメットは被ったまま簡単にオープンフェイスとフルフェイスをスイッチできるのです!!
IMG_3110IMG_3109









元々はエンデューロレースの上りを含めた移動区間(リエゾン)と下りの計測区間(SS)で使い分けるために開発されていますが、そんなレースじゃなくても普段のトレイルライドと専用コースでのライドで使い分けられるのでとても便利!これまでも他社からこの手のヘルメットがリリースされていましたがフィッティングの問題とフルフェイス時の形状が好みが違っていたのでCLEATは手を出していませんでした。でもこのSWITCH BLADEは本当に形状もかっこいいし被った感じも最高にいいです!
もちろんかっこだけじゃなく以前ご紹介したMIPSも標準装備です。
これを被って今ホットなRichie Rudeになりきって下さい。
YETIは高くて買えないけどこれなら32,000円と手が出しやすいので。笑



その他にも前回大人気だったMONTAROの新色とこれまた話題のNEWヘルメット CHRONICLEも入荷してますのでまた次回ご紹介しますね!!

GIROだけ紹介ってわけにはいきません。。

そんなことしてたら新宿から物言いがつきますので。舌の根も乾かぬうちに。。笑
014f05f98d8a6055829f1344e62874896c3ba3ef010140f072be8b58e800e134e66078ba8c185fe3a12aもちろん今年もTroyLeeDesignsたくさんのCLEATです。
そしてTLDのトレイルライド用ヘルメットと言えばこの「A1」。デビューから3〜4年経ちますがすっかりこの手のヘルメットのベンチマーク的存在でD3と並び毎年新しいモデルが待ち遠しい存在ですね!
CLEATでは派手な柄物より塗り分けのみのDRONEの方が圧倒的な人気です。
すっかり見慣れているのに新しくてワクワクするデザイン!
017adaaa2e216eaa6737fd4b4dccf19de5352c2e10後頭部の深さ、バイザーの長さ、ベンチレーションそして何よりTLDらしさ。どれをとっても文句なし!
昔はこの手のヘルメットでライドしてる映像を見ると「なんだよ〜上がらねぇなぁ、、」って思ってましたが今では僕もこの手を被ってライドしてヒャーヒャー騒いでます。大人になったのかそんなスタイルが世界に定着したのか。笑
サングラスでもゴーグルでもバッチリ似合いますが、ゴーグルは最近フルフェイスで定番のアウトリガータイプだと両サイドにフレームが出っ張ってしまうのでスタンダードなフレームのものと合わせましょう!SPYのWOOT RACEや100%のACCURIがオススメ!!
01dc5864237a677a11beff64115c6b4d7ca52d71e50141746ddfd125369d68463da698b3e4b81ab2a427










カラーはこの他にもクッソCOOLなマットブラック帽体にグロスブラックロゴ(何度も言いますがマットブラックxグロスブラックは・・・)や今期のTLDのテーマカラーであるアーミーグリーンもありましたが入荷後瞬殺でした。問屋さんの在庫も。。。
また今期入荷したらご案内しますね!!

ってことでただ今CLEATの店頭でのヘルメット在庫数は22個!!もちろん全てMTB用です。
試着してバッチリのモデルを選んでくださいね!どうかポチらないで!!笑

ジロジロ見てください。

以前からも取り扱いがあった老舗ブランド「GIRO」。実はこの度本国の資本が変わったことで日本国内の取り扱いも違う問屋さんになりました。
どうしようかな〜って悩んでたんですが、現状CLEATの店頭で最も力を入れているヘルメットと言えばもちろん「TroyLeeDesigns」そして「BELL」。ただしこの2社は頭の形状が欧米人型の縦長にできているので典型的な日本人型の横長の方には耳の上あたりが当たって痛かったりそもそも全く入らない人がいたり。そんな横鉢さんは「OGK」で対応してきました。OGKのフィッテイングは本当に素晴らしいです。が、形がカッコいいかはまた別問題でして。
で、悩んだ末に「GIRO」のディーラーになることにしました。
GIROっていったらもちろんヘルメットですが最近はシューズも超人気ですしグローブなんかもあります。
先行して入荷したのはヘルメット!もちろんMTBトレイルライドにぴったりなアイテムです。

01f26ed8532340a898698c2329c50fb77e5bc9a2f00196f567af3b74e152aaddbce477fd815642522d65なんといってもトレイルライド用のヘルメットのフラッグシップはこの「MONTARO」。意味は分かりませんが工具なんかを即日で送ってくれるアレとは違って安くはないです。。フラッグシップもでるですからね。
スリムでなんというか「シュッとしてる」感じでかなり形はカッコいいです!!
縁部分の切り返しもカッコいい!何度も言ってますが僕はマットブラックとグロスブラックの組み合わせには本当に心踊ります。

011a1517472335a7a2336f470f99b53bac5c11670801ae77d4fc7d814be5b71b612ace3c84da39e21e1e










サイドから見ると更に心踊る人が増える感じ。指紋拭いておかなかったことが悔やまれます、、笑 BELLのSUPERと同じかそれ以上にバイザーが長くて他社にありがちなヒヨコ感がありません。バイザーの角度変更も工具なしで簡単。この感じはたぶん転倒時にグリッて動いて破損防いでくれそうです。
GoPro用の取り外し可能なマウントも付属。この辺は現代のヘルメットにおいてはマストでしょうね。
そして後頭部の左に誇らしげに貼ってるのが「Mips」のステッカー。
01d5fc50b09eb89e4ceb1c67418b43b778c110f1b8「Mips」に関しては昨年あたりから多くのブランドで採用されているのでご存じとは思いますが、ヘルメットの外側である帽体と頭にフィットしているインナーの間に「滑り面」をつくることで転倒時に頭にかかる回転方向の衝撃と速度を抑え、脳組織へのダメージを軽減させるという科学に基づくこれからの安全装備です。狙ってズレさせることでヘルメットの中の頭が急停止することを防いでくれます。今後はもっとたくさんのブランドで採用されていくでしょうね。


01cf8d02dc05cbbcbfb4a26bb79af21ca4a45979d001cd6d440b95e92ab6db8ec8fe97944d30f4dfd475









0189fefece71347de668159aa310e2db61645b050e今回入荷カラーは最初のマットブラックxグロスブラックとマットブラックxライムxオレンジ、シアンxライムの3種のM、Lサイズ。
ちなみにBELLのSUPER、TLDのA1がLサイズの僕はMONTAROもLサイズです。しかしながらそのフィット感はどれよりも上!OGKに肉薄するほどのシンデレラフィット。実は前2社はちょっと中をいじらないと上手くフィットしなかったんですがこれはつるしの状態でばっちりなのです。D3が普通に被れる方ならこれは素晴らしいと感じるはずです!!

015f9b408e8f11d1cdb486ad3b9b9cd8c73aab738301f5000bf3b32e90e64507a2563290c9e4eb7325ca










過去何度か入荷した「FEATURE」も入ってます。
こちらはバイザーが短く若干ヒヨコ感があるものの、Mipsがないのでその分中が広く、OGKのFR8以外に選択肢がなかった方への救世主としてこれからも活躍してくれるでしょう。

店頭でぜひ試着してみてください!!












これも入る!

これまでCLEATでは入れてなかったブランドのヘルメットを取り寄せてみました。
01073c666e1358e3746f2e01f5b23a81c18c10dd11011407e870340e8aae4adef87ee01dc98411c8cea0










BluegrassのGoldeneyesです。なんかジェームス・ボンド的な名前ですね。。。
プロテクターなんかは以前も入れてましたがヘルメットは初めて。なかなか尖った感じのデザインですね。笑
0134cdddb32eae8420e037183845adc0878f6933c7019dec405a3f40bc5ecdb5d1213cb5d8f0ea8b0bc3










兄貴分のブランド「MET」トレイル系のヘルメットを出してます。
こっちは何ていうかトランスフォーマー感溢れるデザインで、好き嫌いはあるかも知れませんが好きな人にはツボな感じですね。
011be7296e6934789a4867fdaaea60124f928af3e601b4471d87aa681e4212b310a3710bf3c47b74d884










01fb9365f73c266fbd94c7541a3ba84fc39874109e01cd6a513e708bd956112be8775a850a8a576860f9










最近のトレンドもしっかり押さえたグレー×シアンも有ります!
背面にはゴーグル用のストラップホルダーも付いてますので山の中でゴーグルを失くす事もなさそう。(←笑)
気になるアジャスト範囲ですが高さの変更も効きますし、ダイヤルのノッチも細かい(boaほどではないですが)です。何より嬉しいのは横広です!入りますこれ。OGK、GIROに続きまた一つ横鉢銀蝿にとっては選択肢が増えて朗報ですね。
もはや避けては通れないGoProマウントも付属。

しかしこのところのグレー×シアンのアイテムの多さったら。
014d5fedde4d66fe2277c6605315912333a5559146流行り過ぎやろ。。
まとめ買いならお安くしときますよ!笑

GWの営業は・・・

すいません今日までです。。。
5/3〜5/6はCJ1(クップドジャポン←なんじゃそれって感じですが要は昨年までのジャパンシリーズみたいなレースです。)滋賀県高島市箱館山にメカニックサポートの為お休みです。
今回は九州からのエントリーが少なく全員バラバラスケジュールなので、僕は長男を連れて男二人のロングトリップになりました。来年から中学生になり会話も極端に減ることになるでしょうからいい思い出になるようにあちこち巡って帰ります。
今回も浦上太郎、本村貴之、兼岡邦明の3選手の応援よろしくお願いします!
僕も現地からSNSを駆使してレポートしますね!


さて、報告済んだので滞ってた入荷案内でちょっと小ネタでも。。
0150cf491dd7e95bb3225bac0e6dc8e3af64db01df0189b947cac345f7412eb3052b6543c5b65609e896









トレイルライド用のヘルメットとして最近しっかり定着した感があるこのタイプですが、実は「GIRO」からもリリースされています。全体の雰囲気は某GKのFM何ちゃらにそっくりです。こっちの方がシャープでぴよぴよ感がありません。ベンチレーションの間隔が広いのでステッカーが貼りやすい!笑(←でもこれ大事!)
01899d6938d074297762fba7e53a03a49e685ec4410125c4ca8a2541f133c89c645653f968c04670084d











悪くないでしょ?
バイザーの角度も変更できてゴーグルの使用もバッチリ。後頭部のプロテクションがかなり深く安心感がありますね。
01db586aaf0da5a04db0087d89a638d9216c9e5667バックルの高さも3段階で調整可能でダイヤルは昨年までのBELL SUPERと同じもの。若干ノッチ間隔が広いタイプです。
とデザイン、機能とまずまずの評価ですが、驚くのはここから。
頭の形が東洋人過ぎてこれまでかっこいい海外ブランドを諦めてきた方、
スポっと入りますよコレ!!
お値段もGIROにしてはかなり手頃な14000円(税抜き)。
ぜひ店頭で被ってみてください!(5/7以降に)

それでは皆さん良いGWを!!

こっそりニューアル。

2015-01-26-20-12-43昨年も大人気だったBELLのSUPERですが、今年はSUPER 2 に生まれ変わって入荷してまいりました!
とは言えぱっと見は去年と変更点が見つかりません。。。
はは〜なるほど今年はガチャンとチンガード(顎ね)が付いてフルフェイスに早変わりってやつだな?とお思いの方、ブブ〜ッ!!それはSUPER 2R という別アイテムです。トレイルは半ヘル限定だし、DHできる環境はフルフェイスのみな九州、エンデューロレースでもない限りチンガードは要らないと判断したので 2R の方は仕入れてません。
話が横道にそれてしまいました。。笑

で、何が昨年と違うのか?
2015-01-26-20-13-00先ず頭頂部のGoProマウントが新設計になりました。
昨年までのモデルに比べてやや後ろよりになって、広くなったベースがしっかり固定できるのでグラつきが減り、クリアなシューティングが可能になってます。さらに取説にも別のことしか記載されてませんが、この新型マウントベースからマウントが外れる構造になってます。おそらくなのですが、過度の力が加わったときにはベースからマウントが「もげる」構造なのでは?と思います。「Breakaway Camera Mount」ってネーミングもそんな感じだし。昨年のF1ドライバーのスキー事故が反映されているんだと思います。そりゃカメラだって突起物ですからね、、ガッチリ固定されればされるほど転倒時に頚椎にかかる負担は大きくなるますよね。
もちろんベルクロで取り外し可能なので、使わない方は取り外せますよ。

実は大きく変わったのはフィッティングでした。
2015-01-26-20-16-232015-01-26-20-16-13










左が昨年までのモデルで右が2015モデル。
ちょっと見にくいですが、バックルの位置を上下にできるアジャスターがかなり使いやすく変更されています。
位置を変えようと外したら突起ごともげたなんて事もなくなりますね。
この上下位置のアジャストって結構どのブランドにもついてますが、意外と調整してない(存在を知らない)方が多いんです。ちゃんと後頭部にアジャスターをもってくるとゴーグルやメガネが下めについてしまい前を見るのに顎を上げなきゃいけなくなってる方はアジャスターを上に上げれば額の位置が上がるのでかなり視界が良くなります。またヘルメットが頭の上に乗っかってる感じでイマイチフィット感がない方はアジャスターを下にすることであご紐無しでもヘルメットが暴れないぐらいフィット感が落ち着きます。
どっちもダメな方はメーカー変えましょう。。笑

2015-01-26-20-18-172015-01-26-20-18-05










そして僕が一番ナイス!と思った変更点がこのアジャスターダイアル。
僕もこのSUPERを使っていましたが、そのときに感じてた唯一のうーん、、ってところが被ってダイヤルを絞るとある場所で頭がピチって締りちょっと苦しい、なので1クリック緩めると今度はガボガボになってしまう。。
つまり1クリックの調整幅が広い(広すぎる)のです。中間があればいいのにってずっと思いながら使ってました。
でも2015モデルは新しいダイアルで締めるときは細かいノッチ(無断階にも感じる)で緩めるときは広いノッチになってました。これで1クリックの間ができたので絶対に快適さがアップしてますよ!
価格は今のレートを反映してか若干アップの¥17,000(税抜)です。

カラーもいい感じの新色出てますし、是非かっこいいオフィシャルサイトを覗いてみて下さい!

ご注文はCLEATまでお願いしますよ〜!!

今どきのヘルメット

OGKが本気だしてきました。
IMG_6059IMG_6060










これまでと明らかに違う垢抜けたデザイン。
前方の小枝などをしっかり上に逃してくれるバイザーと後頭部をガッチリガードしてくれる帽体。これはまさにMTBing用のヘルメットです。
一度被ると分かりますがOGKはとにかく日本人の頭にフィットします。僕も初めて被ったときは「いつの間に僕の頭の採寸したんだ?」って思うほどでした。笑
オフィシャルサイトで確認できますがカラーは全5色。ちなみにホワイト、グリーン、ブルーの3色は「数量限定」です。今ならまだ間に合います!
海外ブランドにも負けないイケてるデザインでめちゃめちゃフィット。ゴーグルもバッチリでした。さらにステッカー貼るスペースが大きい。そしてなんと陣太鼓みたいなマークが無い!。。
ちなみに車連公認です!!今後増えてくるであろうエンデューロレースでの需要も大ですね。
ご注文お待ちしております!!


で、イケてるトレイルライド用ヘルメット(海外ブランド編)もあわせてご紹介。
IMG_6061このところ店頭で元気が良いのがスイスの「iXS」。
細身で動きやすいけどしっかりガードするFLOWシリーズのプロテクター(肘、膝用)も店頭だは超人気ですが、このトレイルヘルメットも実はかなりオススメ。
最近だとグラシアやマットハンターが被ってて動画配信なんかでもよく見かけますね。
デザインもカッコイイですし、安全性もしっかり高い。シェイプは細め。サイズ調整用のターンバックルは今流行のboaテクノロジーではないもののそれに近いノッチ数があり、そうではないメーカーにありがちなライド中ヘルメットが暴れるから1クリック閉めるとキツいなんてことがありません。←これ意外と多いですよね。
今なら店頭に3色揃ってます!!

実際にお店で触ってみて被ってみてください!!
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ