皆さんはライド中にプロテクターを付けてますか??
XC系の方やのんびりトレイルライドの方はヘルメット&グローブのみという方が多いと思います。
僕らのような下り系の方だとほぼ100%ヘルメット&グローブに膝ガードはつけてますね。

その次に「肘」
MTB仲間に理学療法士の方がいるんですが彼曰く、常に負荷がかかっている膝に比べて基本荷重ゼロの肘のほうが怪我の治りが遅いそうです。また、後遺症も残りやすいらしく。。エルボーガードも付けましょう!(推奨)

それから「目」
ライド中に目に飛び込んでくるものは様々。自身で跳ね上げたドロ、前走者の弾いた枝、羽虫やクモ等など、、何か入って目が見えないと何もできません、それどころか超危険ですね。。ロードで使用するサングラスも良いですがどんなににこやかに挨拶してもサングラス越しだと見ず知らずの人(特にお年寄り)は威圧感を感じてしまうでしょう。なので僕の周りのライダーはみんな透明レンズ。これだとニッコリ笑った目が見えてコミュニケーションもちゃんとできますかね!ゲレンデDHや専用トレイルはコスプレ全開のギラギラミラーでもOKですからね!!

そして今日の本題「ボディ」
言わずもがな上半身の主に体部分のプロテクター、何と言っても一番守りたいのは脊椎や腰椎。それから肋骨や肋軟骨。ひどく傷つければかなりヤバいのはご存知と思います。頚椎も超危険ですが、これはネックブレースのお仕事。でその大事なところを守るのがボディプロテクター。夏場のゲレンデではガッチリ着込んでアメフトみたいになっている方をよく見かけます。もちろん守って欲しいのでいいのですが、、、
そこでもう少しスタイリッシュにならんものかと最近はかなり薄手のものや、高機能なものまでリリースされています。
12TLD_BP_5850_HW以前ご紹介したTroyLeeDesignsのシャツタイプ。
ピッタリフィットするシャツにポケットがいっぱい付いててそこにプロテクターを仕舞い込むってイメージで問題ないです。
ベルクロなんかもないので普通にアンダーシャツ着てる感覚でそんなに窮屈でもなかったです。
ほとんどの方は「S」サイズでOKってところまでは分かりました。がしかし!なんと欠品してしましまいました。。
でもなんと10月に再入荷決定!!気になってる方は絶対に予約しないと手に入らないかもですよ!税抜き¥12,500-です。




IMG_5925そしてこの5900ChestProtector。
いつもD3にモトショーツ&Tシャツスタイルでヨシムタなどを走っていたモモシマくんも実はTシャツの下にこれを仕込んでいましたし、先日のダウンヒルシリーズ 瑞穂 で述っちもIONのジャージの下にはこれを着てました。販売した僕ですら「せっかく買ったなら着ればいいのに。」かうっかり言ってしまう程のこっそり堂。プロテクション自体はハード系ですが動きやすく違和感なし。脱ぎ着もバックル2個で超簡単です。
怪我怖いけど北斗の拳は嫌だなぁ、、って方やジャギスタイルに疲れた方は是非!税抜き¥19,800-です。アタッ!

08031215_53dda943eeca1他にもこちら老舗のダイネーゼのもはや脊椎腰椎のみに的を絞ったモデル。
ランドセルのように背負い前でベルクロを閉めたらはい完了。ほとんど着てないみたいに見えるし動きも妨げない、何せ軽量だし。
他にも661やいろんなところからリリースされてますがCLEAT的に一押しなのはこの辺り。
サイズ合わせ用に店頭にぶら下げてますので是非着てみて下さいね〜






スタイリッシュにさらっとしてて実はちゃんとガードしてるのってカッコイイじゃないですか!(やはり基本見た目、、笑)


で、そんなスタイリッシュにコスプレを楽しみつつ頂上決戦の観戦も楽しめるツアーイベントのお知らせ!
10/11〜12はジャパンシリーズDHI #5 富士見パノラマ が開催され、僕もメカサポートの為10/10夜出発で現地入りします。で、今回九州勢が別便だったりで車に空きが・・・レースに参戦ももちろんOKですが(10/3までレイトエントリーOKです)、富士見はレース開催期間中もレース使用コース以外は走行可能です。二日間たっぷり走って、夜は飲んで、頂上決戦を観戦できるという贅沢なツアーです。参加費用は交通費¥15,000-のみ(ゴンドラ代、食事代はご自身でお願いします)。ま、ちょっと車の運転とかもありますけど、、、笑
今回は僕も仕事以外の時間でちょっと走ろうかと企んでます。
是非一緒に行きましょう!
参加お待ちしております!!