CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

27.5

里山仕様のアレ

01d2912344a3302a0e745c76316e09ae072c10c600なんだか好調なアレ=マエストロです。
今回は熟成の5.5”マエストロサスペンションfeat.27.5ホイールのGIANT TRANCE 27.5 2 です。
年々その守備範囲を徐々に下り系に振ってきてるイメージのTRANCE、2015モデルは従来からのトレイルという要素にライトエンデューロ的なアグレッシブなイメージを加えられた感じです。
5.5インチ=140 という「ちょうどいい」サスペンションが前後に入り、XC的な登りも(ホントにめっちゃ登ります!)マラソンもエンデューロもとトレイルに関わる全てのライディングを幅広くカバーしてます。お店の人だから良いように書いてると思うかも知れませんが、これは本気でカバーしますから。。笑
01125c76ee2bf0177cc6b493af2830fd519d2a603c019b9bbcf80ee3e150e36e6dc49590884930860189










前後ともFOXのCTDなのでサグだけしっかり出してしまえば直感的で非常にわかりやすいセッティングが可能です。

016163e2637d1d5a62dc782be8f94ea89e17aed13fフロントダブルですが、MRPの2Xが標準装備されているあたり本気で下れる仕様を想定されているのが分かります。
BBがプレスフィットなのでISCG05のマウントです。この辺もトレンドをしっかり押さえてて軽量かつ今後の方向性の自由度も高いです。持ってみてもあれ??って言うぐらい軽いですが、実際の重量もどノーマルで13キロ切ってて一昔前のXC車並みの軽さです。
これで流行りのナローワイド系のギヤを入れてフロントをシングル化してしまえば12.5キロです。ホントに恐ろしい時代です。。笑





01a63dd261a4a207af3e3d5cd9d62161c5f9832874リアアクスルは142×12、135×5(スキュアーのみで保持できるタイプ)の2種類が最初から入ってますので、これまで使っていたホイールを275化して再利用も可能です。
写真の142仕様も簡単で強度もあって軽い、とても優れたシステムですよ!!






0120fe321c8361e2dbe4dcc76cce505685bc787a61014c4197728a72c271f678897b7c819146191c485aケーブル類は全てフレーム内に「スッキリ」収納できるのでコックピットからの景色も調子しいいです。これもさすがジャイアントって感じで、実際スッキリしてないインターナルルーティングって少なくないですからね。組手泣かせみたいなのって残念ながら実在します。。笑
で、今回も驚きなのがプライス。
27.5インチ+前後140丱好肇蹇璽これだけ守備範囲が広くて軽くて遊べて日本の里山にピッタリのオールインワンなトレイルバイクが¥240,000-(税抜き)なのです!!
これから一日一日暖かくなり最高のシーズンを迎えるMTBing、初めてのバイクにピッタリの1台ですよ!!

垢抜けた巨人

IMG_65682015 GIANT REIGN 27.5 が入荷しましたので早速組み上げました!
もちろん「やること」をちゃんとやってますので箱から出して1時間以内の納車とかあり得ません。。みっちり4時間はかかります。
でぱっと見まずヘッドアングルがとにかく寝ていることに気付きますね。調べたら65度!一般的なトレイルバイクが67度あたり、65度は最近のダウンヒルバイクと同じです。つまりダウンヒルバイクと変わらないぐらいバンバン下れるように超下り向きに味付けがされてて、それこそが一般的なトレイルバイク(オールマウンテン)とエンデューロバイクの違いなんでしょうね。6〜7インチのロングストローク、寝ているヘッド、低いBBがどのブランドのエンデューロバイクでも採用されているトレンドなのですね。まさに登れる(登ることができる)ダウンヒルバイクなのです。実際某社のライダーが言ってましたが26インチのダウンヒルバイクよりも27.5インチのエンデューロバイクの方がコーナーの抜けやスムーズさははるかに良いらしいです。期待しちゃいますね〜!!
IMG_6563IMG_6564フロントフォークは僕も使ってますROCKSHOX PIKE。35个離チッとした剛性感とスムーズで様々な味付けが可能なエアスプリング、そして3段切り替えでは無いですがしっかりChargerダンパーが入ったRCモデル!リアユニットはROCKSHOX MONARCH RT DEBONAIR 。こちらも上位モデル譲りのしっかりダンパー搭載です。



IMG_6565IMG_6566そしてこれも嬉しいドロッパーポストが標準装備、しかもケーブルは全てインターナルなのでリアビューがこんなにもスッキリ!!その代わりトップチューブのグロメットがはち切れそうなほど渋滞してますが。。笑
僕だったらフロントをナローワイドでシングル化、リアにスーパーローギヤを組んでダイエットとスッキリ化させます!


前後160个離好肇蹇璽、しかも安定のマエストロ機構。これだけの装備で完成車価格なんと30万ジャスト(税抜)!!!
サマーシーズンのゲレンデからオフシーズンのトレイルまで何でもこなせる優等生バイクです!!

IMG_6551余談ですがフレームのディスクブレーキのマウントにヘリサート加工されてました。手抜きしないというかしっかり手間かかってますね!こういうところホント凄いと思います。
 

ちょいちょい入荷です。

こっちはそうでも無かったんですが東の方は台風凄かったみたいですね。
被害に遭われた方の一日も早い復興をお祈りします。
その台風の影響で荷物も延着が相次いで起きているようです。
今日あたりからポツポツとはじまってて、今週いっぱいぐらいまで通常よりも1日遅くなりそうです。時間に余裕を持ってご注文お願いします!

さて、チョロチョロと入荷が。
IMG_6288SPANKのエメラルドグリーンシリーズの650Bリム SUBROSA30 。 外-外幅で30弌兵太は弱)でこれまで650Bのリムに多かった25个△燭蠅里發里茲蠅阿辰伐爾蟯鵑蠅砲覆辰討泙后ストリートやダートジャンプ系で以前よく使用していたあのSUBROSAの650B版という認識でOKです。つまり結構やります。カラーは各社でサワーアップルとかいろいろ呼び名が違いますがDVOのサスペンションEmeraldのカラーと同じです。ちなみにCHRIS KING のサワーアップルの入荷はまだまだ先です。。



IMG_6290IMG_6289いち早く650BのリムをリリースしていたSunRingleからも幅が2ミリワイドになったINFERNO29が入荷。たかが2ミリの違いですが剛性はもちろん同じタイヤならばエッジの立ち方がかなり変わります。いろいろ試してみる価値はありますよね!
更に幅広の32个皀螢蝓璽垢気譴討い泙后もう立派なダウンヒル用です。650Bを拡大に大きく貢献しているエンデューロレースが激しい下り区間のタイム計測があるので自ずとフレーム、フォークのストロークを伸ばしタイヤやリムの幅を広げているんでしょうね。
僕の650Bも25个箸い細めで組んでて既にジャガイモ感が半端なくなってますので近々広めに組み直そうと企んでます。

IMG_6291んでリムの中にこのテープを仕込んでシーラントばんばん入れて空気パンパンにしてまた抜けたらシーラントして・・・をくり返してチューブレスにしてしまうチューブレスレディがこのところ増えてます。それ系のテープもSPANKからリリースされました。大きな穴はこのテープが塞ぎ、その他の隙間はシーラントが埋め尽くすのでなんでもない普通のリムだっていけちゃうらしいですが、ビードフックが専用に比べて強くないと思うのでMTBなど低圧で使用する我々はちゃんと専用のリムを使って快適にいきましょう!



IMG_6293意外に売れてるのがこのBOOM BOTIX 。
iPhoneやiPad、iPodなど BlueTooth の搭載された携帯端末と同期させて使用する外部スピーカーです。
しかも割と音がいいし音量がある。さらに防水!休みの日にお風呂でゆっくり音楽聞きながら半身浴とかも可能なんです。一度充電すると結構な時間連続稼働できるのでイベント、キャンプの時はかなり助かってます。
カラーもたくさんあるし価格も税抜き7900円と買いやすいので人気です!!



さて今週末は長野県は富士見パノラマでジャパンシリーズDHIです。
先日お伝えしたようにまだまだ車に空きがあります。
一度走ってみたい、凄いレースを見てみたい、延命の湯の水風呂に飛び込んで宇宙の仕組みを理解してみたい方是非一緒に行きましょう!!

参加お待ちしてます!!







27.5の可能性

Facebookなどでちょいちょいアップしてたので薄々お気付きの方はいらっしゃるかもしれませんが、先週末とある実験をしてみました。
29、27.5、に埋もれがちですが最近新たに26プラス、29プラスという規格が一部の方に話題です。
ファットまではいかない太タイヤ。26×2.75やこの秋には26×2.8もリリースされるこの規格、もちろん専用のフレームがあるのですが、なんとなく気になるのは自転車屋の性。実際にやっちゃおうと。
IMG_5924

分かりやすいように同じレベルの場所に置いてます。
右が27.5×2.4、左が26×2.75。数字が数字だけにかなり混同しそうですが、外周は本当に僅かな差。地面に置くと直径になっちゃうので(意味分かります??表現が難しい、、)差が大きく見えますが、自転車に履かせたときの実際の違いはこの差の半分です。




IMG_5914IMG_5915










で、Transition の TRANS AM 27.5 に履かせたらこんな感じで、フォーク(Rockshox PIKE)は高さも幅も大丈夫でしたが、フレームの幅がギリ。。。
それでも当たるようなことはありません、欲を言えば両サイドにあと1.5个困弔任盞箚屬あれば完璧と思います。この仕様(タイヤ→SURLY / Dirt Wizard 26×2.75 、 リム→Velocity / Dually)ではアクスルのセンターから335个△燭蠅一番幅広く約70个覆里任修谿幣紊離リアランスがあれば26プラス化は可能と言えます。

IMG_5913




数字的にはほんの僅かな差ですが確かに印象変わります。ちょっと見ない間に太った?的な。笑
いやむしろ身体は細くなってる??




IMG_5917IMG_5496ズーム具合や若干の角度のズレはありますが、同じ角度付近から撮るとこんな感じ。
やはり足回りのボリュームは凄い。
これはもう「ファットバイク」の近似種と言えそうです。








IMG_5913見た目もですが使用した感じも気になるところなのでトレイルに実走テストに行ってきました!
空気圧は1.0!!
アップダウンの多いトレイルの登りでまず感じたのは滑らない!!シッティングで回していればギャップをそのまま越えていきます。ただし濡れた根っこは抜重しないと滑ります(当たり前か、、笑)。下りの中〜低速はそんなに重たさも感じないしこれまた戦車のように踏み潰していく感がハンパなくニヤリ。
で徐々に速度を上げるとハンドルから伝わってくる衝撃は27.5よりも大きく感じます。そして曲がる度にブリブリと流れて不思議な感じ。ダイレクトに地面とタイヤが滑っているのではなくなんとなくタイヤがメッチャ変形しているような。そのあとタイヤが滑っているような遅れてくる感じ??
なるほどこれは中〜低速でトラクションを感じながらボヨボヨと転がして遊ぶ乗り物であって、ジェットコースターのようにハイスピードで左右の壁を使ってフルバンクさせて乗るものではないようです。
これまで行ったいろんなトレイルをこれでもう一度おさらいしたい気持ちでいっぱいです。。笑

そして今年の冬に雪が積もったら間違いなくこれです!!!

27.5(650B)のバイクでこれが入るバイクを持っていればファット化もできて雪山や海岸、そして川遊びで羨望の的になること間違いなし!!
案外漕ぎも軽くないし(普段も2.4だから!?)笑


ということで26プラスの足回りお作りしますよ!!
よろしくお願いします!

試乗車は私情車で至上車なのです。

IMG_5496IMG_5486Facebookなどで画像あげてましたこれ、2014 TRANSITION TRANS AM 275 。
このたび店頭のTRANSITION 強化作戦で先ずは僕からということでチェンジしました。
Mサイズですが、フレーム単体で見たときは正直「やっべ、大きかった、、、」と昨年心に誓った650BはSサイズのみというマイルールを忘れてしまっていたことに大後悔しました。。
しかし組み上げて早速アチコチで試乗と称して走り回って感じたのは、まぁ何というかもう他は要らないような最高にいい気持ち!!
太めのタイヤによるエアボリュームの恩恵かも知れませんが、ガレてても足がペダルから浮かない。(←乗れてると錯覚しがち。。笑)

IMG_5497ちなみに装着しているタイヤはContinental / TRAIL KING PROTCTION (27.5 × 2.4)。
このタイヤは2.4でも幅、高さ共にかなりボリュームがあるのですがまだチェーンステーとのクリアランスはこれぐらい余裕です。おそらくMAXXISならば2.5でもいけると思います(あくまで予測ですが、、)。
大径、幅広のトラクションの恩恵は半端なく、回せば登るし下りの安定感も抜群です!
しかもタイヤの重量が990g もあるので僕みたいに下手クソが雑に乗るのにピッタリ。何度か言ってますが軽量な足回りやタイヤをダートの下りで使いこなし、そのメリットを存分に引き出せるのはかなり柔軟な膝肘を持った上級者のみです。普通の人はやや重いぐらいの足回りがグッと安定して走れます。騙されたと思ってキャパいっぱいの太タイヤを履いてみてください!


IMG_5498とにかく本当にニュートラルな乗り味でどこでも行けそうな気になるバイクです。
先日ご案内した来月の瑞穂ハイランド生ビールツアー(確かこんな名称でしたよね、、)へも初日のトレイル、二日目のダウンヒル両方をこの1本のみです。(今ダウンヒルバイクがアレですから、、ってのもありますがチョイサスのSantaCruz Blur ではなくこのバイクってのが本気の証。笑)
しばらく僕は自転車1本でアチコチ行ってみようかと思ってます。



で、もちろんこの楽しさをより多くの方に味わってもらいたいので試乗車としてお貸しします
そこら辺ちょっと行っても分からないでしょうから、まるっと一日お好きなフィールドで存分に乗り倒してください。
そしてどっぷり虜になってからオーダーお願いしますね!


IMG_5524で、これまで乗ってたSevenarrows はどうなったの??って話ですが、大事に乗っていただける方に優良中古フレームとして販売します。
上でTransAMをベタ褒めしてるので、こっちはその逆か?ってことではありませんからね!
こちらはこちらで本当に面白いバイクです。
フロントは150个離蹈鵐哀好肇蹇璽対応ながら4Xバイクからの乗り換えでも違和感ないぐらい俊敏でクイック、ダイレクト感も凄いです!
特別につや消し黒でペイントしてもらってます。(飛び石でちょいちょい剥がれちゃってますけど、、)
ヘッドセット(NUKE PROOF)、リアアクスル(SHIMANO 142×12)、タイヤ2本(KENDA NEVEGAL、MAXXIS ARDENT)をおまけで付けます。
価格は要応談ですが、え?ってぐらいしか考えてません、大事に乗ってくれる方であれば。
店頭に650Bのサスペンション、ホイールなどもあるのでここから組み上げるのありです!←この辺りも相談に乗りますのでお気軽にお問い合わせください!


いやぁ〜ハードテールは楽しい!!  ←数年前の僕からじゃ想像できない発言(笑)

650Bって・・・

先日のワールドカップでも各チームこぞって650Bを投入してきてましたね。もう来年はダウンヒルでも650Bのみになりそうな予感ですね。
店頭に来られる方は僕の私情車があるので650Bの大きさや実際に乗ってみての感覚もあると思いますが、それ以外の方はなかなかカタログなんかの数値からではわかりにくいものがあります。XC競技に夢中な方はその大径ホイールのメリットを得る為に多少強引でもポジションを合わせることも辞さないのですが、エンジョイライドな方はどうでしょう?
走破性やトラクションなどメリットは誌面で理解しているものの「僕の(私の)身長で大丈夫なのか??」という疑問や不安は少なくないと思います。

そんな疑問への参考になれば・・・
IMG_4775IMG_4774










こちらのバイクは COMMENCAL の EL CAMINO MD3 650B の Sサイズです。
フレームは小さいけど29erのように極端にホイールが大きく見えるようなこともありません。
この下のXSサイズはフレーム形状がダージャン系のフレームのように短いシートチューブでヘッドからリアアクスルまでが一直線になり(カッコ良さそうですが、TOP長が21.4inch、チェーンステイは430个噺た目とは裏腹なマシンにマシンになります。もちろん山なら問題ないですよ!)150センチ以下でも乗れるようになっています。
で、こちらのSサイズですが今回は身長150センチの男の子がオーナー。乗車しても全く問題なくフィットしていました。かなり攻めた下りや登るにはハンドル位置がベタ低でも高い感じでしたが、初めてのトレイルなどではヘッド位置が高く恐怖心が減り快適に楽しめる感じでした。

つまり29erと違い650Bはかなり身長の適応範囲が広くなっているのですね。
タイヤやフォークの選択肢も最近はかなり増えてきましたので今後ますますシェアを拡大することでしょう!

26inchと乗り比べしてみたい方は試乗車をレンタルしますのでお気軽にどうぞ〜!!

ちょいちょい入荷です。

先ずは鉄板の継続アイテム。
IMG_4204IMG_4205







昨年末の発売と同時に即効完売、再入荷待ちだった「ARRIVAL(DVD&Bluray)」がようやく入荷!!
ずいぶんお待たせしました〜!!お値段¥4,672-です。
そしてもはやMTBのトレンドから定番になった感のあるRACEFACEの「Narrow Wide Ring」が再入荷。今回の入荷で30,32,34,36Tのブラックは全て即納です!えっ?色物ですか・・・黒でいいじゃないですか黒で。笑 お値段¥4,830〜
IMGP0314これも長らくお待たせしたコンパクトツールCrankBrothersの「Multi-17」。文字通り17種の工具がこの一つに収まっているワケですが、そのチョイスが絶妙!更に工具そのものの長さも最適なのでしっかり力が入り出先のちょっとした作業もかなり安心してできます。僕も使ってます! お値段¥3,465-




IMGP0312Continentalの「Trail King Protection」27.5でワイドなタイヤが欲しかったので入れてみました。2.4幅なのでかなりいい感じになると期待してましたが僕のフレームに入りませんでした、、笑
ブラックチリでサイドプロテクションのワイドタイヤとか最高に違いないです!ま、僕の周りじゃ僕ともうひと方しか27.5のトレイルバイク乗ってる方居ませんが。。

他にもちょいちょい入ってますのでまたアップしますね〜

それから明日(1/25 土)は店休日とさせていただきます。
アクシオン福岡で九州MTBコンベンションに参加してきます。
なんかお話しなきゃいけないようなので美味しいお鍋の作り方などをちょろっと。笑
ウソです。ここ1年程の僕の個人的なMTBとの関わり方についてレポートします。
お暇な方はご参加下さいね!

26の日曜はお店開けますのでジャンジャンお買い物よろしくお願いします!

明日はいよいよHTDHですよ!

明日は熊本は吉無田高原で
「Production Privee presents ハードテールDownHill in ヨシムタ」ですね!!
僕自身の参加が危ぶまれておりましたが、なんとか参加できるようになりました!

現地でブース設置して皆さんに「気になる新しいモノ」をあれこれ試していただけるように準備しております。
IMG_3538














今回試乗車は3台!

大会協賛もしていただいているダートフリークさんよりお借りしているのは
・LITEC / HASSO T-26
 LITECブランドからリリースされている26インチのハードテールオールマウンテン。「T」はチタンのTです!!
 Ti特有の粘りのある乗り味と軽量さをバックアップするかの如く組み合わされるのはSRAM XX1 !1×11の
 最新コンポ、更に足回りはSRAM Rise60 カーボンホイール、サスペンションはRockshox RAVELATION !
 文句なしの超ハイスペックマシン!!
・LITEC / HASSO C-275
 九州初登場!HASSOから27.5(650B)のハードテールオールマウンテンがリリースされます(年内予定)
 今回はカーボンでもチタンでもなく馴染み深い「クロモリ」。フォークはRockshox REVELATION 150
 そしてコンポも初登場SRAM X01 1×11 !僕も試乗しましたがとにかくクセも違和感も皆無!みなさんも
 是非試乗してみて下さいね!

そして我が社からの刺客は
・Seven Arrows 275J
 群馬の同い年がやっている某店のオリジナルフレームを半ば強引にカスタムカラーで仕上げていただき組上げた
 トレイル用オールマウンテン。きっかけは前回のHTDHのときに試乗車で借りて翌週トレイルに持ち込み
 乗り倒した結果、メッチャ面白かったから。この1台で話題の27.5(650B)の足回り、生まれ変わったRockshox
 PIKE 、リニューアルしたAVID ELIXIR9 TRAIL 、イケてるカーボンハンドル 、話題のナロー&ワイドのギヤ板を
 全部体験できるように準備してましたが、が、肝心なギヤ板が納期1ヶ月延期で間に合いませんでしたので
 今回は32Tのデバイス付きです。。詳しくは11月末発売のMTB日和を要チェックです。吉無田MTBスキルパークも
 特集されてますので本屋さんで「買って」読んで下さいね!!

試乗車は乗ってなんぼのタダなのでどうぞ遠慮なく乗り倒して下さい!
これでコース走ってOKです!
トレイルライドも楽しみたいけどスキルパークなんかも楽したいって方は是非両方で乗ってみて下さい。
あれこれ気になる事も何でも聞いてくださいね!

それでは会場で!!!
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ