CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

GIANT

2018 GIANT 展示会

一昨日の水曜日は定休日を使ってGIANTの2018モデル展示会に行ってきました!
いつもは東京、大阪の2会場ですが今年は横浜のみ。。かなり悩みましたが昨年好調だっただけに外せないと判断してギリギリで弾丸ツアー決定、人生初の横浜へいざ飛び立ったのでした。
IMG_6577何と言ってもこれです!この為飛行機代払ったと言っても過言ではない鉄板モデル「FATHOM1」。昨年かなり販売しましたがたった1日も店頭在庫がなかった、つまり全て入荷前にご成約いただいてた近年では奇跡のモデル。
もし今年やめちゃってたら・・・なんて不安もあり会場に入ったら真っ先にこれを探し見つけた時は心底ホッとしました。笑
どんなアップグレードなのかそれこそ穴が開くほどガン見してきましたよ!

IMG_6579IMG_6578とりあえずフレームはカラー変更のみ(好きか嫌いかは別として)。ジオメトリーもそのまま。そしてリアエンドも135mmQR。。フォークもブレーキも同じ(左前で出荷も)。まぁいいじゃないですか初めての1台ですから。
ざっくり変更点はまずドライブトレインが同じ11速のSLXですが11-42Tから11-46Tへワイド化されてます。それからこれは結構嬉しいステム長!ちょっと長かった昨年から50mm(XSサイズは40mm)になり後から交換するパーツが一つ減ってます。
IMG_6581それとタイヤですが昨年はホイールのみチューブレスレディだったのに対して今期はタイヤもチューブレスレディ!シーラントが付属してきますので店頭で補充してチューブレスでのお渡しになります!

こんな感じの主要なグレードアップがなされたFATHOM1ですが価格も少しグレードアップ。。
でも最初の1台でここまでしっかりしたものはやはり他にはないと思うので今期もCLEATはFATHOM1をガンガン推していきます!!


IMG_6580ちなみに1があんなに売れたのに(CLEATでは)1台も売れなかった2はこんな感じです。
今期もやはり1ばっかりの予感。。。









IMG_6582IMG_6585IMG_6583IMG_6584IMG_6588IMG_6590IMG_6591IMG_6594IMG_6595急激に端折った感じになりますがオールニューのREIGN ADVANCED 1(グリーン)とREIGN2(ブルー)です。
コースの激化が進みどんどん進化している現代のエンデューロシーンで必須であるBoost規格、そしてフォアードジオメトリー、さらに昨年同様トラニオンマウントのリアショック。どちらのモデルもアッパーリンクはカーボン。ADVANCED1とREIGN2のフレームは前側のみがカーボンかアルミかの違いになります。
REIGNよりストロークが短く(といってもフロント150、リア140と「長め」)トレイル向きなTRANCEも前三角カーボンのADVANCEDと共にBoost規格になり横剛性の大幅アップになりました。1台のMTBで色々楽しみたいならば迷わずTRANCEですね!
ゲレンデがなくどちらかというとハードな下り系トレイルが多い九州ではダウンヒルバイクの出番よりはるかにこっち系の方が使い勝手がよく、人気もあるので要注目です!

滅多に売れないロードバイクも今回はちゃんと見ました!写真は1枚も撮ってませんが。。笑
もちろん他にも色々見てきましたのでカタログ見ながら店頭で聞いてみてください!

ついに本命の登場!

初めてのMTBに何をオススメするか??
これはMTBショップにとって常に悩ましい問題です。お客さんがぼんやりと描いている「やってみたいMTBのイメージ」と環境とお財布をマッチさせなければ頑張って買ったMTBが無駄になってしまいただの重たい街乗り自転車になってしまいます。
ショップの人たちと遊びに行ってもバイクがマッチせずにみんなのように楽しめない。
自分は清水の舞台から飛び降りる勢いで買ったのにブレーキがだめとかサスがだめとか。。
そもそもよくよく聞くとさんのイメージがズレている場合も多々。

だから僕は特殊な環境で使用するバイク(クロスカントリーやダウンヒルのレース、ダートジャンプ、ストリート、トライアルなど)を除くざっくりとした「山で登って下って遊びたい」というイメージの方にはなるべくニュートラルでマルチプレイヤーをオススメすることにしてます。しかもお財布に優しいものを。
っと口で言うのは簡単ですがこれが中々無いんです。。
油圧ブレーキ、できれば油圧制御ダンパーのあるエアサスなどなど言い出せばキリがなく、結局は初心者からしたら大金を払ってバラ組みする羽目になってしまうことになるか、何かを妥協して後々パーツをグレードアップさせるか、そもそもハマったら買い直しの運命を覚悟して安いものを買うか。
もちろんCLEATは下り系トレイルライドならば間違いなくMTB無しじゃ生きていけないくらいハマらせる自信はありありですが。笑
そんなMTBショップの永遠の悩みをおそらく一番解決している車体がついに登場しました!!
IMG_0018GIANT FATHOM 1
取り扱いの有無に関わらず、今期発売されるどのメーカーのどのモデルよりこれが優れているのでは無いでしょうか??
SR SUNTOURの120ミリトラベルで15ミリスルーアクスル、しかも油圧制御ダンパー付き(ロックアウト、Loスピードコンプレッション、リバウンド)のエアサス。コンポは最新のM7000系SLX(1x11)、ブレーキは謎のSHIMANO油圧(笑)、もちろん27.5でチューブレスレディのホイール。さらにさらにドロッパーポスト標準装備!!


IMG_0019IMG_0020この充実の内容でなんと155000円!(税別)
あとはペダル買えばほとんどの環境で腹一杯楽しめるのではないでしょうか。
欲を言えばってことはあるにしてもこれだけの内容をカバーしている完成車ってなかなか無いですよ!
一つ下のグレードもあるのですが(120,000円)35,000円差で内容がグッとアップするので絶対にこちらがオススメです。

純正で付いてるタイヤはMAXXISのアーデンと27.5x2.25ですがフレーム、フォークのクリアランスは十分あるので太めタイヤだって問題なく治ります!
これほどの内容なので今期は気張って何台もオーダーしてますが次回はいつになるやら・・・
気になる方は今なら店頭にありますよ!!


それから今週末はまたチアーズトレイルの一斉整備です!
天候も今のところ良さそうなので参加してみたい方はぜひご連絡ください!

グラベルグラインダーの可能性

元々は女性の方からMTBに乗るパートナーの方と一緒に輪行したりして小旅行や林道通ってキャンプに行く自転車(MTB)を探しているというご依頼でした。
キーワードは
「女性」
「旅」
「積載性」
「輪行」
「未舗装路」
ってところでしょうか。

まずは当たり障りなくご依頼通りMTBからアプローチ。ところがそれ以外のキーワードは満たすものの肝心な「輪行」という条件に「女性」が加わり重量の壁が。。女性の輪行なので軽いほうが良いに決まってます。MTBで10kg代だと予算30万でも厳しい、でもROAD系だと10万以下でも10kg切ってます。未舗装という条件がどれぐらいなのか話し合いMTB以外での選択に変更しました。

で、出来上がったのがコチラ↓
01142290a63f844497ced28f5041783928b8fc205e015b99422e906f98f7894a6071772be20268bf0d47












これならば残りの「旅」「積載性」「未舗装路」という条件もクリアします。
00000069_lとてもまとまってるので純正っぽいですが、こちらのGIANT REVOLT 1は元々こんな自転車。
このところ気になるキーワード「グラベルグラインダー」にどストライクな太いタイヤ、キャリアダボなどの拡張性と積載性を持った旅向けのバイク。ただしドロップハンドル。
当然長距離走るならばドロップハンドルの方が疲れにくくて良いと思いますが、普段使いやはじめてのスポーツバイクなどを考慮するとフラットハンドルの方がこの場合は良いのではと思いドロップ→フラットへの変更をしました。
01de956570d7b12d6cd29f1c02bb1396a0ea759020幸い油圧式ではなくワイヤー引きのディスクブレーキ(なのですがTRPの両サイドピストンなのでパッドは片押しではなく両押しです!)なのでレバー代も安くハンドル、シフター、ブレーキレバー、グリップの4点で2万円弱です。この手の太めタイヤのクロスってちょいちょいリリースされてますが重量面、拡張性、パーツアッセンブル、そして見た目でこれが一番イケてると思ってます。笑
いやホントにカッコいいんですって!






IMG_9036
純正では35Cのタイヤですが前後のクリアランスもまだまだ余裕あるので、45Cあたり履かせると更に走破性、耐パンク性がアップするし何よりそっちの方がイケてると思います。長距離には辛くなってはきますが、、、笑
一緒に行くのがロードバイクばっかりならば地獄ですが、速度出さずにのんびり漕ぐならばタイヤ太くても全然辛くないですよ!むしろエアボリュームあって楽ですしね!



IMG_9037MTBフリークなCLEATですが自転車の旅なんかも大好物です!
ご相談くださいね〜!

GIANT GLORY 27.5 1(本気組み)

いつだって本気のCLEATです。笑
0187b943672b65b60e1c39f7a3a0c1b7efdc5f0a0e本村選手がとうとうバイクチェンジです!ちょうど3年前の春ヨシの前夜に組み上がったSANTA CRUZ V-10C からCLEATとタッグを組んで4シーズン目、巨匠は今回意外にも(!?)GIANT GLORYをチョイス。これまでそりゃもういろいろ悩みました。何台も何台も試乗してぐるっと回って「やっぱり僕のV-10が一番良いですねぇ」と。。。去年の開幕戦は菓子折りを持って謝罪にも行きました。笑 でも昨年焦ってチェンジしなくて本当に良かった。まさかここまで27.5がメインになるとはあの時点では想像してませんでしたからね。まるっと規格を変える意味でも「完成車」であることが前提だった今回のバイクチェンジ、GLORYは必然だったのかもしれませんね。
夏にはカーボンモデルが出るということでしたが、おそらくトップグレード扱いなので現在のGLORY 0 より価格アップなのではということでセカンドグレードの1を選んだのでした。
016e1b5a118ee02736c44c07f5996ce3a568e1e042015436deabfadace97379da76f8ba5a587cba54a31









トップグレードとの大きな差はまずフロントフォーク。外観は余り変わりないROCKSHOX BOXXERですが0がチャージャーダンパーに対して1は従来型のモーションコントロールと心臓部は大違い。とは言えこれまで何年もレースレベルで付き合ってきたダンパーなのでスコスコ動かしたり棒のように固めたり、スーっと入ってグッと踏ん張ったりには簡単に変えられますのでしばらくはこのままでもOK。バルブがヘタってきたらチャージャーダンパーにアップグレードすればOK。
リアサスペンションは両グレード共ROCKSHOX VIVID R2C でグレード差なし!リバウンド2系統、コンプレッション1系統のシンプルセッティングで直感的。一見すると昨年のフレームとホイールサイズが変わっただけに見えますが、実はレバー比が低くなっていて(2014までは2.9、2015から2.66)よりプログレッシブ効果があがってるんです。(←組み上がって軽く動かしてみて350のバネにしては妙に踏ん張るんで調べたら変わってました。展示会に真面目に行ってる方は常識かも知れませんが。。笑)とにかく前のモデルよりもペダリング性能や路面追従性能がリアサスペンションの性能抜きでも上がっていて、更にカウンターメジャー採用の進化したVIVIDが搭載される訳です。早い話良かっちゃないと!って感じです。
01a4d6ecc1c4720b99f64b21ec9f8ed5c2d948b0f2GIANTは本当にパフォーマンスいいブランドです。各部の切削、研磨作業をしていると製品そのものがなかなか精度高く作られていることがわかります。それでも面の傾きや若干の変形はしています。今回は前のバイクのパーツとあれこれ入れ替えつつよりパフォーマンスアップを図ったわけですが、ただ入れ替えるだけじゃなくもちろんいたるところにレースパフォーマンスアップの一手間二手間を加えるのです。ホイールも純正だけど別物、サスも駆動系もブレーキも。機会があれば比べてみてください!餅は餅屋で!笑 もちろんレーサーじゃなくてもいつでも本気組みのCLEATです!(←しつこい!笑)

さていよいよ来月頭に今シーズンのDHレースシリーズも開幕。
新しいGLORYに乗る本村選手の応援をよろしくお願いします!
もちろんCLEATも開幕戦からフルサポートで頑張ります〜


追伸
GLORYの純正チューブは〜2.3と細めが入ってますので空気圧上げると薄っ薄です。せめてリアだけでも2.5までのチューブに変更することをオススメします。。あとチェーンのコマ数。

価格破壊。

ダウンヒルはじめてみたいって方にオススメするバイクはもちろんダウンヒルバイクです。
01e3b70fd7d10945566254e4527b4097ca2eeedd17
でもダウンヒルバイクにもいろいろありますし、そもそもその方の「ダウンヒル」という言葉の定義が我々とズレている場合も多々。じっくりお話するとベストはエンデューロバイクだったりオールマウンテンやトレイルバイクなんてことも。。そんな長いお話の末にダウンヒルバイクに決まったレアケースの今回、選んだのがこのGIANT GLORY 27.5 2。
4年前にこの形状に変わって以来少しずつマイナーチェンジをくり返し、まさに熟成された8.0インチ マエストロシステムのフレームは上位グレードと同じ。

017671916efebb8c0e935b890c0e86635c163e056b01f777b760dc82bf529117dca01c728ccc3fceeb8eでは違う点は?
先ず前後のサスペンション。フロントフォークはROCKSHOX DOMAIN RC ちょっと重たいけど剛性感はバッチリだし、ちゃんとリバウンドもコンプレッションもついてる。リアユニットはROCKSHOX KAGE R リバウンドのみのシンプルセッティングですが、元々ペダリング効率の良いマエストロシステムならば逆にコンプはそこまで必要ない。レースに出てトップカテゴリーを狙いますってことでもない限り、僅かな直線で漕ぎ倒すこともないのでこのスペックでも十分楽しめますよね!

016c85c56d081888ac773746cf5a986f0cb8cf883fブレーキは先日お勉強してきたSRAMのDB5。GUIDEと違って2ポットですが、ブラダー内臓の新型リザーバータイプなので以前と比較して格段にタッチが安定しててこれまた申し分なし!
ローターも新型のセンターラインが標準装備。
握ると分かりますがGUIDEほどではないにせよかなりいい感じのタッチですよ!
駆動系は9速。これも何にも問題ないでしょう。





013ca829f0fe8c55903da3e8b13de93b2ae6fca383ラッキーなことに純正で前後ともシュワルベのMAGIC MARY がついてきます!!
この方も乗るのはもっぱら吉無田のみとのことですのでタイヤ問題一発クリアです。笑
僕も吉無田用のタイヤが欲しい。。。

とこんな感じの必要にして十分なスペックなこのGLORY 27.5 2 ですが驚くのがそのプライス。
なんと ¥270,000 (税抜き) !!!
ユニット違いのフレーム販売が¥230,000なのを考慮するととんでもない価格であることがお分かりいただけると思います。
いろんなスタイルのMTBライフがあると思いますが、こちらを買われた方は月一ペースで吉無田に遊びに行き、一日じゅう遊んだら帰りに温泉でも浸かってのんびりする週末を過ごしたいとのことです。これって贅沢ですよね〜!
ダウンヒルって=レース=命がけ=普段からトレーニング的な構図に捉えられがちですが、こんなのんびりしたダウンヒルも大人にはピッタリですね。安全に楽しく下れる環境あってこそのことですが、こんなスタイルをCLEATはガンガン推していきます!!!

垢抜けた巨人

IMG_65682015 GIANT REIGN 27.5 が入荷しましたので早速組み上げました!
もちろん「やること」をちゃんとやってますので箱から出して1時間以内の納車とかあり得ません。。みっちり4時間はかかります。
でぱっと見まずヘッドアングルがとにかく寝ていることに気付きますね。調べたら65度!一般的なトレイルバイクが67度あたり、65度は最近のダウンヒルバイクと同じです。つまりダウンヒルバイクと変わらないぐらいバンバン下れるように超下り向きに味付けがされてて、それこそが一般的なトレイルバイク(オールマウンテン)とエンデューロバイクの違いなんでしょうね。6〜7インチのロングストローク、寝ているヘッド、低いBBがどのブランドのエンデューロバイクでも採用されているトレンドなのですね。まさに登れる(登ることができる)ダウンヒルバイクなのです。実際某社のライダーが言ってましたが26インチのダウンヒルバイクよりも27.5インチのエンデューロバイクの方がコーナーの抜けやスムーズさははるかに良いらしいです。期待しちゃいますね〜!!
IMG_6563IMG_6564フロントフォークは僕も使ってますROCKSHOX PIKE。35个離チッとした剛性感とスムーズで様々な味付けが可能なエアスプリング、そして3段切り替えでは無いですがしっかりChargerダンパーが入ったRCモデル!リアユニットはROCKSHOX MONARCH RT DEBONAIR 。こちらも上位モデル譲りのしっかりダンパー搭載です。



IMG_6565IMG_6566そしてこれも嬉しいドロッパーポストが標準装備、しかもケーブルは全てインターナルなのでリアビューがこんなにもスッキリ!!その代わりトップチューブのグロメットがはち切れそうなほど渋滞してますが。。笑
僕だったらフロントをナローワイドでシングル化、リアにスーパーローギヤを組んでダイエットとスッキリ化させます!


前後160个離好肇蹇璽、しかも安定のマエストロ機構。これだけの装備で完成車価格なんと30万ジャスト(税抜)!!!
サマーシーズンのゲレンデからオフシーズンのトレイルまで何でもこなせる優等生バイクです!!

IMG_6551余談ですがフレームのディスクブレーキのマウントにヘリサート加工されてました。手抜きしないというかしっかり手間かかってますね!こういうところホント凄いと思います。
 

2012 NEWモデル完成車が・・・

入荷してきてます。

既にこんな小さなお店に10台以上展示されてるし、倉庫に組んでない箱入りが同量ほど。
この雨じゃ当分居座られそうで不安です。。。

一日でも早く優しい飼い主のもとへ旅立てるように、顔ぶれをご紹介しましょう。

GIANT STP
前回入荷した日に旅立ったのでご紹介できなかった2012モデルです。
昨年との変更はカラーとブレーキのみ。
どっちかというとぶっ飛んでた2011に比べてシックになってカッコよろしいですね。
リアセンターの短さは最近のStreet系と同じぐらい。ショートトラック系からDJ、Streetまで幅広く遊べます。
136,500円

GT RUCKS DJ 1.0
とにかくド派手なカラーが目を引きます。
ロゴの入れ方も他のGTとは違ってStreetテイストに溢れています。
前後油圧(しかもフロントは7インチ!?)で、なんと純正で「筑豊巻」仕様!グルグル回して下さい。
Street入門として申し分ない1台です!

89,250円(税込)

Mongoose FireBall DIRT
フレームのラインがキレイでカラーも渋めでカッコイイです!
構成しているパーツは決してハイパフォーマンスではないものの、素性のいいフレームは今後の発展性も抜群。最初の一台に持ってこいです!
何せあの栗瀬裕太 選手が4Xで使ってるぐらいですからね。
写真じゃちょっと分かりづらいんですが、フレームと同色のモノグラムのロゴが凹凸で入っていてその上からホワイトのゴロが入ってます。
凄くいいです!





69,300円(税込)


まだまだ在庫ありますのでまた次回!!
CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ