CLEAT BICYCLE

福岡市中央区警固のMTB(マウンテンバイク)中心の自転車屋です。 トレイルライド、ダウンヒルなどの走行会やレースイベントをやってます。 のんびりからガツガツまで!

MTB

リニューアル!

随分とご無沙汰してすいません、、ちゃんと生きてます。。
ずっと更新したかったのですがアプリの調子が悪く画像をアップするとダウンするという症状を繰り返してまして次第に僕の気力もダウン。そんな感じでした。
さて前回の更新が年末、そして今回が年度末と締めてばっかりですがその間もいろんなことがありましたのでまたおいおいお話するとして、今回はこれまで運営してきたWebショップを一旦クローズさせてリニューアルオープンすることにしたお知らせです!
IMG_8355
これまでと違って結構ビジュアル良いですし支払方法の選択肢も増えたのでぐっと使いやすくなったと思います。
スマホでチェックする場合も同様に分かりやすく見やすいサイトになりました!
ひとまず店頭の展示在庫だったヘルメット関係(旧モデル)を処分特価でアップしてます。
なぜなら2018モデルががんがん入荷してきてて展示場所がなくなったから。。笑
旧モデルっても最近まで現役だったので安全性も問題なし!
コンデションもバッチリなので新しいヘルメット欲しいけどお財布が寂しい方にはもってこいですよ!

新しいサイトのアドレスは現段階ではこちら

独自のドメインを申請中なので承認されたらまたここで告知しますね。

また消息不明にならないように継続していきます!!

エンデューロバイクって??

先日のちやのきエンデューロを自転車屋さん的な視点で見たとき、参加された皆さんの機材にかなりの開きがあったことは誰しもが認めることでしょう。
フルサスペンションバイクとハードテールバイク、タイヤサイズ一つ取っても26、27.5、29と様々でしたし、サスペンションストロークも短いXC系から長いFRよりなものまで実にたくさんの種類のMTBが集ってました。もちろんご自分のライディングスタイルそのままで楽しめるのがエンデューロなのでどれが間違いってことはないとは思いますが、今回のちやのきエンデューロはオフィシャルFBページでも紹介されていた通り本場のEnduroWorldSiriesのようなハードな下りをSSに設定している為(っていうかそれがエンデューロですから、、)やはり上位入賞のライダーのほとんどがエンデューロバイクをはじめとしたサスペンションストローク長めな下り系フルサスバイクでしたね。
全てのバイクをこの場でご紹介するのはさすがに無理ですが今日は優勝した兼岡くん(FOCUS/WTB/ベストメンバー)の乗っていたエンデューロバイクをじっくり紹介しましょう。(ちょっと異常な程の台数いたTRANSITION BIKESはこれまで何度も紹介してますし。。笑)
IMG_6516 2レース翌日に撮影したのでレースのときそのままです。
ゼッケン1番、しかも公式ポスターのモデルもして優勝までするなんというかパーフェクトゲームの彼が乗っていたのがこのFOCUS JAM(2016)です。
セットアップはCLEATが担当させていただいたので隅々まで見てますし構造もふむふむなるほどとチェックしてます。前後サスペンションや駆動系は完全に吊るし、完成車販売されているままです。グリップを当店でも一番人気のODI Elite Motion、ブレーキをSRAM GUIDEに交換してますが一番大きな変更点は足回りです。
IMG_6517 2IMG_6518 2ハブはKUWAHARAのDiavolo(Boost)、そしてリムが見慣れないイカついWTBのCi31というカーボンリム。かなり前に組みましたがその時点ではまだサンプルというか国内での取り扱いは未定。。でもついに11月から国内デリバリーが開始されます!!内寸で31个覆里燃粟は39个らいでガッツリ強度がありつつ455gとかなり軽いカーボンリム。そりゃ高いでしょって思いますよね??それがそうでもないんです!78,000円/1本と現実的な価格。彼くらい毎週毎週乗りまくってもまだ全然へこたれてないのでかなりいいんじゃないでしょうか??CLEATで絶賛予約受付中です!
ホイールもですがタイヤチョイスもさすがWTBさんって感じで前後とも2.5サイズ!フロントは高め、リアは低めなブロックでそこそこ漕ぎが軽くかつラフなトレイルの土をがっちり捉えてグリップさせます。SS1、SS2が2位以下をぐっと引き離していたのはこんな要因もあったんでしょうね。トレイルに照準を絞っていたのかハードパックのSS3は、、まあ彼っぽい走りだったようです。笑

このちあのきエンデーロの優勝者とバイクですがその翌週のENS白馬でも見事優勝して2週連続エンデーロキングになってて既にちょっとツキ過ぎて不安なほどです。。
そんなエンデーロ連勝できるFOCUS JAMの2018モデルの情報が届きました!
27のイメージ (1)27のイメージJAM EVO 27、そしてJAM EVO 29です!29の登場です。
店頭には詳しいスペックシートがありますが簡単にいうとサスがFOX 34 Rhythm (27→150、29→130)フルXT(M8000、ブレーキも!)、ドロッパーポストもついて398,000円とかなりいける価格。(麻痺してますかね??)実際九州内のトレイル〜たまにゲレンデDHならばこのスペックあれば全く問題ないです。それでいてエンデーロレースでもガンガン責められるならば申し分ないですよね!
このJAMはFOLDというシングルピヴォットながら独自の多リンク構造でリアユニットへの入力が常に直線的でより高いプログレッシブ効果を得られるようにできてます。また、リア三角が1ピース構造(リンクがない)で剛性もかなりあり登り〜ペダリングセクションでバイクを前へ前へ進めてくれます。重心がセンターにぎゅっと寄っていることもバイクの振りやすさに大きく貢献してます。MTBはやじろべえですので。 なんだかジャージのせいか兼岡くんに見えます。笑 でもとにかく楽しそう! JAM以前のバイクも組ませてもらてますがFOLDによって剛性なんかは格段に進化してます。

ブレンダンフェアクロフの友達でどちらかというとDMRに乗ったダートジャンパーなイメージのOlly WilkinsがFOCUS JAMで(実はフルサスはFOCUSサポートなんです!)でParty in the woodsするムービーでFOCUS JAMのライドをイメージしてください!完全にイメージできたらオーダーはCLEATまで。笑

旅の相棒

毎年全国津々浦々の会場へかなりの距離を動き回ってるCLEATです。
いつもは高速道路の住人ですが今年はなんだか飛行機移動が多い。歳出すかね、、笑
で、ゴロゴロのキャリーバッグを使うのですがいつも使っているDAKINEのキャリーバッグがちょっと大きい。機内持ち込みギリギリで断られたりしてかなり焦ったこともあり前々から気になってたアイテムを入れてみました。
IMG_6657IMG_6658みんな大好きTroyLeeDesignsのゴロゴロです。サイズは機内持ち込みサイズギリギリってとこで多分断れないと思います。
ちょっと派手だけど預けてもターンテーブルですぐ分かります。ってかトロイのキャリーバッグなんて使ってる人いないし。笑
ホイール(っていうの?)は固定が2個のみなので横移動ができないけどこのサイズならホイッと抱えられるから問題ないでしょう。

IMG_6659IMG_6660中はしっかり広く2泊3日くらいなら余裕だと思います。
メインコンパートメントのサイドに透明のポケットが2箇所あってゴソゴソ探さなくていいのが嬉しい。意外としっかりした作りなので使用頻度がそんなにない僕みたいなタイプならばずっと使えそうですね。第一TroyLeeDesignsってのが遊びじゃなく仕事でもテンション上がります!こいつ普段はモトクロスかMTB乗ってんだな?って語らずとも主張してくれますし。笑

IMG_6661トロイだし物も大きいので高いんじゃないの?ってのは誰しもが思うところでしょうけどこのキャリーバッグはなんと16900円!!(税抜き)
そりゃノーブランドの物ならば1万も出せば立派なものが手に入りますがテンションは上がりませんよね!でも旅のテンションをぐっと上げてくれるけど財布のテンションを下げまくっては旅どころじゃないので価格は抑えたいところ。その辺りにバチっとはまるキャリーバッグですね。
店頭に置いてるので実物見てみてください!

やります!って言うのが遅すぎました。。

告知解禁で一斉にってのもなんだしちょっと間を置いてからお知らせする予定でした。
ff84cc1c3453ee2cfe6761acf45e6de7-e1499154673458すでにどこそこで情報出てますし、今更感否めないのですが8月19、20でエンデューロレースをやります!
リエゾンはアスファルトがメインですがSS1と2はどちらも標高差があるハイスピードでガチなシングルトラック。SS3は何度かご紹介しているチアーズトレイルを使用します。どこも個性あるSSでバイク選びも楽しみの一つですね!
ざっとですがローカルメンバーがブログで紹介しているのでチェックしてみてください。
19日には大会会場のすぐ近くの古湯温泉で前夜祭も開催されて2日間乗りまくって飲みまくって思いっきり楽しめると思います!!

っとここまで紹介してといて本当に申し訳ないのですが既に募集定員に達して受付終了してます。。
来年もこの時期にやりますので今回出られずに残念な思いをされた方は速攻でエントリーしてくださいね。

エントリーはできませんが観戦は可能なのでぜひ遊びに来てください!迫力ありますよ!!

ついに本命の登場!

初めてのMTBに何をオススメするか??
これはMTBショップにとって常に悩ましい問題です。お客さんがぼんやりと描いている「やってみたいMTBのイメージ」と環境とお財布をマッチさせなければ頑張って買ったMTBが無駄になってしまいただの重たい街乗り自転車になってしまいます。
ショップの人たちと遊びに行ってもバイクがマッチせずにみんなのように楽しめない。
自分は清水の舞台から飛び降りる勢いで買ったのにブレーキがだめとかサスがだめとか。。
そもそもよくよく聞くとさんのイメージがズレている場合も多々。

だから僕は特殊な環境で使用するバイク(クロスカントリーやダウンヒルのレース、ダートジャンプ、ストリート、トライアルなど)を除くざっくりとした「山で登って下って遊びたい」というイメージの方にはなるべくニュートラルでマルチプレイヤーをオススメすることにしてます。しかもお財布に優しいものを。
っと口で言うのは簡単ですがこれが中々無いんです。。
油圧ブレーキ、できれば油圧制御ダンパーのあるエアサスなどなど言い出せばキリがなく、結局は初心者からしたら大金を払ってバラ組みする羽目になってしまうことになるか、何かを妥協して後々パーツをグレードアップさせるか、そもそもハマったら買い直しの運命を覚悟して安いものを買うか。
もちろんCLEATは下り系トレイルライドならば間違いなくMTB無しじゃ生きていけないくらいハマらせる自信はありありですが。笑
そんなMTBショップの永遠の悩みをおそらく一番解決している車体がついに登場しました!!
IMG_0018GIANT FATHOM 1
取り扱いの有無に関わらず、今期発売されるどのメーカーのどのモデルよりこれが優れているのでは無いでしょうか??
SR SUNTOURの120ミリトラベルで15ミリスルーアクスル、しかも油圧制御ダンパー付き(ロックアウト、Loスピードコンプレッション、リバウンド)のエアサス。コンポは最新のM7000系SLX(1x11)、ブレーキは謎のSHIMANO油圧(笑)、もちろん27.5でチューブレスレディのホイール。さらにさらにドロッパーポスト標準装備!!


IMG_0019IMG_0020この充実の内容でなんと155000円!(税別)
あとはペダル買えばほとんどの環境で腹一杯楽しめるのではないでしょうか。
欲を言えばってことはあるにしてもこれだけの内容をカバーしている完成車ってなかなか無いですよ!
一つ下のグレードもあるのですが(120,000円)35,000円差で内容がグッとアップするので絶対にこちらがオススメです。

純正で付いてるタイヤはMAXXISのアーデンと27.5x2.25ですがフレーム、フォークのクリアランスは十分あるので太めタイヤだって問題なく治ります!
これほどの内容なので今期は気張って何台もオーダーしてますが次回はいつになるやら・・・
気になる方は今なら店頭にありますよ!!


それから今週末はまたチアーズトレイルの一斉整備です!
天候も今のところ良さそうなので参加してみたい方はぜひご連絡ください!

リンク切れでした。。

ここのブログのアクセス解析ってのを見たら7割の方がモバイル端末からでその中の7割が「iOS」つまりiPhoneということでした。
んでそのモバイル版のブログをチェックすると当店のWEBショップの案内がある場所のリンクが切れてました。。。
いろいろ調べるとモバイル版の広告欄での目的のサイトへのリンクは事前申し込みが必要とのこと。
うーん、、面倒だなと思いつつも早速申し込み、翌日には返信がきました。
ががが、、、「このリンクは規約上使用できません。」と。
???規約とは??ということで調べてみたところ「アダルトサイトへのリンク」「アダルトグッズの販売」「膨大なアイテム数のサイト」と。
おいっ!どこがかやん!!
確かにお父さんが週末のことばっか考えて仕事の能率下がるグッズの販売かも知れんけど大したアイテム数もないし禁止にする内容じゃないやんか。。

ってことで広告のリンクを有効にさせるべく交渉に入りますが遥か天竺への道っぽいので今後は投稿のお尻に毎回くっつけておきます。
たまに見るとアイテム増えてたりします。
16244684_10210293994038693_574161736_oってことでこちらのアイテムもアップしてます!


WEBショップアドレスはこちらです↓

CLEAT WEB STORE

よろしくお願いします!!

もう雪はいいです。十分楽しみました。

先週はよく降りましたね〜!去年の方が積もったけど。。
せっかくの週末が雪でみんな家から出なくなったらショップとして大問題なので、ここはひとつ食い物で釣るしかないと金曜日の営業前にバタバタと材料を買い込んでクッキング。
IMG_4608頂き物の猪肉を冷凍保存していたので猪肉を使ったチリビーンズを営業時間中ずっとストーブでコトコト煮込んで作りました。筋もあったけど夜にはトロットロのチリビーンズが完成。金曜だし冷蔵庫にはビール冷えてるしで自らの欲望に打ち勝つのがかなり困難でしたが味見レベルでなんとかセーフ。。
IMG_0013翌土曜日は大人向きなスパイシーなチリビーンズと長老からの差し入れの「奇跡のバケット」と合わせてご来店の方々に振る舞いました。「これ売った方がいいんじゃない?」なんてお世辞もいただきつつたくさんの人に食べてもらってお買い物もして頂きなかなかの一日でした!
もう週末営業できる日は毎回なんか作ろうかと。笑 まぁ週末開いてるときは激レアですが。。

そして翌日曜日は「チアーズトレイル」イベント。朝から自治会の方と僕らで進捗状況の確認と今後の作業スケジュール、イベントの日程確認のミーティング、その後は豪雪と噂のコースに上がってみました。
IMG_4630IMG_4631ミーティングする公民館までもまあまあ積もってて事故ってる車2台いたし結構ビクビクで(スタッドレスへの信頼がない。。)上がってきましたが、そこから上はもう凄かったです。公民館から右折して登るとタイヤ痕が楽しみにきたであろう四駆乗りのものしかなく、それも途中で途切れ。。
IMG_4632ただ猪の足跡があるのみ・・・結構デカい。。
短い時間ですが地元の方の軽トラ荷台でのアドベンチャーライド。
誰も踏んでない場所を通り出すとタイヤの音も消えて静かな中に軽トラのエンジン音のみ。
USJのアトラクションにはない本物のアドベンチャー感に寒さも忘れてはしゃいでしまいました。笑




IMG_4635IMG_4636コースに着くとそこはもう銀世界!
シンボルのファイアピットも雪の下。誰も踏んでない新雪はそれだけでもテンション上がります。ソリでも持って来ときゃ良かった。。


IMG_4637確認とせっかく来たからちょいと作業(ってもギャーギャー騒いでコケて首痛めただけ)。
んで焚き火でコーヒー入れて・・・このコーヒーは本当に特別な一杯でした。心底美味しかったですがコンビニで買ったただのドリップバッグ。僕の舌なんて所詮シチュエーションで騙せるんだと気付く。笑
どんないい豆も拘った淹れ方も飲む環境には敵わんのです。「トレイルヘッドで飲んだらどんなコーヒーでも最高」何年も前に仲間がそう教えてくれたことを思い出しました。

来週末(2/19)は重機を入れた大規模な造成作業です。結構なクラスの抜根も3箇所あります。この抜根作業は4〜5のチームで協力しつついろんなツールを駆使して地中深くに埋まってる根っこごと切り株を掘り起こすのですがこれがまたなんとも言えない達成感あります。ホントにストレス吹っ切れて充実します。日頃のストレス溜まっちゃってる方はぜひ参加してください!充実したOFFを過ごし、翌日からまたフルスロットルのONができます!

ショップとか団体関係なく(もはやMTB乗ってるかも関係ないです。笑 実際MTB乗らない方もたくさん参加されてます)興味あったら参加してください!電話でもメールでもこっそり質問欄でも僕に言ってもらうか行きつけのショップの方に聞いてみてください。
コンディション次第ではライドも可能です!

みなさんのご参加お待ちしてます!!


魅惑のお色直しサービス

TRANSITIONネタが続きます。。
昨日ご紹介したGIDDY UPリンクのフレーム、CLEATで圧倒的人気なのはオールマウンテンのSCOUT。
里山からライトなダウンヒルまで登って(なんとか登れるんじゃなくてガチで登れます)下れる(ガンガン攻めれて遊べる)ってのが1台持つならばって方に人気の秘訣なんでしょうね。まあ買われた方の100%が2台以上持ってますけど。。そんな複数所有の方にもオススメってことで。笑
1月のことですがそんなSCOUTのイケてるバイクが完成したのでご紹介します。
IMG_4321シックでいい感じのSCOUT。
フロントサスペンション、ドロッパーポストをFOXファクトリーにした勢いでリアサスもFOXファクトリーも変更。デカールもステルス仕様というこだわりっぷり。
っとここまで書いてお気づきとは思いますがこのカラー純正には存在しないんです。
IMG_2848入荷したときはこちらのチカチカ系のグリーンでした。バラバラにしてオーナーさんのご希望のカラーでリペイント。

IMG_4320IMG_4319
その後ストックと同じ大きさで作ったカッティングをストックと同じ位置に貼り付けクリアペイント。
純正と同じで色違いに仕上げました。
パーツセレクトは主役であるフレームとFOXファクトリーシリーズを引き立てるようにモノトーンかつ色気のあるものを選びこんな大人っぽいSCOUTになったわけです。

IMG_2288昨年夏に納車させていただいたチェのSCOUTもそうでしたね。
CLEATではフレームロゴ等も含めてお好みのカラーにしるサービスもやっております!
ロゴは純正ピッタリに作成してますのでフレームカラーはそのままでロゴだけカラー変更も可能です。
もちろんTRANSITIONに限らずどこのブランドのフレームも可能です。初めてのフレームはデータ採りがあるので現物をお持ち込みしていただきますが、TRANSITIONだとある程度データがあるのでデカールのみを作成、発送してご自分で貼っていただくことも可能です。

春も近いしオーバーホールついでに模様替えしてみませんか??もちろん最初っからオリジナルで攻める強者もCLEATにお任せください!

GIDDY UP祭り!

一昨日のFIVE-TENの投稿ものすごいアクセスでした。ご予約も我が社にしてはかなりの量頂いて、いかにみなさんFIVE-TENのバイクラインを待っていたのかがはっきり分かりました。もう国内で買えるようになります。4月の入荷で買いそびれても、ぜひ国内(CLEATでとは言いません、ホントは言いたいけど・・)で買って二度と輸入元が辞めるなんて言いださないようにしましょうね!

さて、そんな大人気のシューズと同じくらい注目なのがGIDDY UPリンクのフルサスフレーム。それはもちろんTRANSITIONのことです!!
一昨年前にエンデューロのPATROL、オールマウンテンのSCOUTがセンセーショナルにデビューしてそのクセのないニュートラルでありつつしっかり仕事する、そして何よりカッコいい(これ大事!!)フレームは多くのライダー達を虜にしました。実際先週末のダウンヒルシリーズ法華嶽の表彰台もタロウくんのPATROL、ハメチのSCOUTとプロクラス5人中の2人がGIDDY UPリンクでしたね!
そして昨年は兄弟分として26インチのSUPPRESSORと29インチのSMUGGLERがデビュー、そしてPATROL CARBONが登場しました。
fullsizeoutput_11f8Dirt MagazineのBest Bike Of The Year 2016も受賞した機能的で美しいバイク。
実物は息を飲むほどいいです。
IMG_4484リアユニットはROCKSHOXの最新モデルであるSuperDeluxe RC3。ユニット長は230x65とレバー比がかなり低くなって(昨年までは216x63)プログレッシブ効果アップ!ただカーボンで作るだけじゃなくこういった改良が色々盛り込まれるのもTRANSITIONの魅力ですね。

fullsizeoutput_11f9fullsizeoutput_11f7とにかくかっこいい!!
カーボンフレームにありがちなボリューム増し増し感がないし線もキレイ。これでリアサス性能上がってるしカーボンで重心バランスがギュッと寄ってるから本当にひらひらと動かせると思うとテンション上がります!





fullsizeoutput_11faそして29インチモデルのSMUGGLERも!
こちらもGIDDY UPリンクを持つオールマウンテンバイク。去年後半あたりから再び脚光を浴びてきた29インチバイク、その中でもSMUGGLERは抜群に登って下れるオールマウンテンバイク。昨年のインターバイクのアウトドアバイクデモに参加した方が今回乗ったバイクでベストバイクだったといってたほど。
早く完成させてみたいですね!!




IMG_4499fullsizeoutput_11fb









fullsizeoutput_11fcそして色違いも!!
こちらはもうすぐ完成です!












IMG_4504IMG_4502












IMG_4507ってことでCLEATのショーウインドウがもの凄い事になってます。
外からウインドウの中を羨望の眼差しで見てる人はまるで楽器屋さんの前でトランペットを見てる少年のようです。笑
これだけTRANSITIONだらけの店内でTRANSITIONのシャツ着て、しかもTRANSITIONチームのメカです。TRANSITIONのことはなんでもご相談ください!多分ノウハウはあると思います。笑

GIDDY UPリンクに必要なベアリング類も常にたくさんストックしてますのでOHもぜひ!!

祝 復活! まずはフラットから。

数年前まで下り系MTBの必須アイテムだったFIVE-TENのフラットシューズ。
クライミング用に開発されたステルスラバーをさらにMTBライディングに適したものにしたそのソールは、世に溢れるいわゆる“クソペダル”でさえもカバーするものでした。
誰もが次のシューズもFIVE-TENと思っていたのにある日諸事情により国内輸入元がバイクラインの取り扱いをストップしてしまい。。それからはなんとかMTBでも使えるアプローチシューズ系のみ。もちろんステルスラバーのソールでしたがアプローチシューズゆえトウカップが柔らかく、岩につま先の外側をヒットさせたときには稲妻が走ってました。

そんなFIVE-TEN バイクライン冬の時代がこの寒さとともに去ります、そうバイクラインの復活です!!
実は昨年の最終戦(富士見パノラマ)で輸入元の方とお会いして色々お話させて貰ってて復活を知ってましたが体制がまだ決まってなかったので発表できませんでした。
まずこの春にバイクラインのフラットシューズが入ってきます。

・IMPACT Vxi \21000
・FREERIDER PRO \17500
・SPITFIRE \13500

この3シリーズで秋にはクリップレスシューズも復活します。
サイズ感は以前と同じです。各種の違いは僕に聞いてください。インパクトもフリーライダーもスピットファイアも使ってましたから。笑

まずはフラットシューズのご予約を開始します。
今週金曜日(2/3)までにご予約の方は特典として10%OFFです!!


ずいぶん期限早いですが今回の輸入数がかなり少ないので早くしないと秋になっちゃうんです。。

ご予約お待ちしてます!!

image003image004image005image006image007image009image008

CLEATのワンコインメンテナンスサービス
5分でOK! 税込500円!!

ママチャリや折りたたみなどの一般車からロードバイク、クロスバイク
マウンテンバイクなどのスポーツ車まであらゆる自転車に!!
 

 
 ・空気入れや虫ゴムの交換
 ・チェーンなどの注油
 ・各部の緩みのチェック
 ・自転車全体の消耗度合いのチェック
 など。

修理するべきか買い替えた方が良いのかの参考に。
他店お見積りのセカンドオピニオンとしてご利用下さい。
SHOP INFO
お店の住所、電話番号、地図等々の情報はこちらをクリック!

尚、データが古く定休日が火曜日になっておりますが、正確には水曜日です。。

いいね!プリーズ → CLEATの公式Facebookページはこちら!

お家や携帯でCLEATのアイテムが買えます!
→→→CLEAT WEB STORE !
こっそりメッセージどうぞ!

管理者のみにしか見れませんので質問とかあれば遠慮なく!

名前
メール
本文
Archives
  • ライブドアブログ